ダイエットは効率重視でしょ

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 07:45

体の衰えを感じはじめ、ジムに通いだして1年半。

筋力は付いてきたように思えても、足底腱膜炎になったり、背骨がヘルニアになったり、股関節に水が溜まったりと満身創痍。

これもそれも、きっと体重のせい(笑)

 

何か効率よく健康的に痩せられて、しかも苦にならずに続けられる都合のいいものはないかと思案していたら、犬友さんのブログでいいものを発見!

 

 

ダイソーにありました!

我が家は雨の日以外、毎日お散歩するので、その時に付けて歩くといいかも〜〜(≧▽≦)

 

足はお見せできないので(爆)手に付けてみた。

 

 

これを両足に付けて歩けば適度な負荷がかかるはず!

いつもの散歩で付けるだけだから簡単で無精の私でも大丈夫!

 

重さ的にそれほどでもないんじゃない? とか思ったけど、実際に歩いてみると案外ジミーに足にきます(笑)

筋肉がメキメキ付くってことはないだろうけど、少しでも効率的にカロリー消費になると嬉しい♪

 

コレクター

  • 2018.08.12 Sunday
  • 07:40

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

第二次世界大戦から30年後。

オランダで記者をしていたハンス・クノープのもとに、1本のタレコミ電話が入った。

アート・コレクターであるピーター・メンテンは、第二次世界大戦中にナチス・ドイツに肩入れし、多くのユダヤ人を虐殺した、というのである。

現在のピーターは億万長者で常識人。誰もタレコミを信じようとはしない。

ハンスもまた、半信半疑で当時の証人たちを探し出して取材を始めた。

ところが証言が集まるにつれタレコミの真実性を確信したハンスは、次第にメンテンを追い詰めていく。

 

自分のしたことに責任を負わせられなければ、人はどんな残忍なことも出来る。

そんな実験を思い出しました。

メンテンはごく普通の、金儲けが好きでずる賢いところもある人でした。

平和な時代なら大して問題を起こすこともなく、たまに周囲から嫌われる程度の人間だったかもしれません。

それが、考えもしないほど残忍な男に変貌していく様は、本当に恐ろしい戦争の姿を浮き彫りにしていきます。

それでも。すべてを戦争のせいにせず、戦後、自分の犯した過ちを悔いて欲しかった。

平和になったからこそ、顧みて遺族に対して謝罪をして欲しかった。

善人ではなかったけれど、どこにでもいる普通の男です。

お金に執着しているただの男です。

それが大量虐殺の片棒を担ぎ、自らの手を汚すことにもためらわず、それが過去のことになったら都合の良いように記憶を書き換えてなかったことにして普通よりもよい生活を送っている。

そんなことが許される社会であってはいけない。

そして、そういう人間を生み出してはいけない。

戦争は、平和ならば一線を越えることをしない人を変えてしまうのです。

 

人の樹   村田喜代子

  • 2018.08.10 Friday
  • 09:03

JUGEMテーマ:読書

 

 

木と結婚する娘たち、前世が木であった男。

極寒のシベリアを行軍する旧日本兵の松の木。

蕾の開花支度に精を出すリラの娘。

人間の葬式にやってきた老樹たち。

樹と人にまつわる不思議な物語を編んだ連作短編集! (アマゾンより抜粋)

 

樹が語るとても不思議で長い物語。

世界観が変わっていてすーっと引き込まれるような作品。

長い長い夢を見ているような。長い長い時を一緒に生きてきたような。そんな気持ちになります。

神様の御用人   浅葉なつ

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 07:24

JUGEMテーマ:読書

 

 

神様たちの御用を聞いて回る人間―“御用人”。

ある日突然、狐神からその役目を命じられたフリーターの良彦は、古事記やら民話やらに登場する神々に振り回されることになり。。。。

特殊能力もない、不思議な力を放つ道具も持ってない、ごく普通の“人間”が、秘めたる願いを持った神様たちにできること。それは果たして、助っ人なのかパシリなのか。

モフモフの狐神・黄金とともに、良彦の神様クエストが今幕を開ける!(アマゾンより抜粋)

 

神様って、何でも出来るし願いなんて何でも叶えられる・・・というよりそもそも願うことすらない存在なのだと思っていたら、この作品の神様たちは実に人間くさいところがある。

神様なのに、人間にお願いを聞いてもらうところも面白い。

設定がほのぼのしていて、読んでいてとても気持ちが軽くなる物語。

シリーズなので全巻制覇したくなりました。

正しいソファの使い方

  • 2018.08.05 Sunday
  • 07:42

JUGEMテーマ:シェルティ

 

 

うちの胡桃さんはソファに乗るのが大好き(≧▽≦)

 

 

特に、私がソファに座ると走ってきて寄り添うようにこんな体勢(*^^*)

めっちゃ可愛い♪

すごく楽そうなんだけど、(たまにこの体勢で眠ろうとしてるし (笑)) その足元は・・・

 

 

ギリです(笑)

だから眠すぎてウトウトしてる時に膝カックンになったりする(爆)

それもまた可愛い(親ばか)

 

 

未来さんもやってみる?

 

 

未来さんは上で寝るのが好きだもんね〜。

それに・・・・・

スタンダードなシェルよりちょっと胴が長いんだよね〜(小声)

 

 

いやいや。

短足はいいんだよ。だってそういう犬種だもん。

ただちょっーーーーーと胴がさぁぁ・・・・・

 

 

失礼しましたぁぁぁああああああっ!

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM