たなかとも さんの著書

  • 2018.09.21 Friday
  • 07:47

JUGEMテーマ:読書

 

 

小山薫堂が90歳のおばあちゃんに学んだ大切なこと

99歳ちりつもばあちゃんの幸せになるふりかけ

 

90年という年月は、知恵袋をいっぱいにするのでしょう。

最近、年配者のことを敬わない人が増えています。

確かに。

世の中は目まぐるしく変わっていて、昨日正解だったことが今日には間違いだったと分かり、ロボットが人の代わりに考えたり喋ったりするのですから、ひと昔前の情報が通用しないことはよくあります。

けれど、生きるための知恵、考え方の知恵、人間関係の知恵はそうそう変わらないと思うのです。

却って、今、ネットや地域社会の中で孤立しがちな現代だからこそ、おばあちゃんたちのような知恵袋が必要なんじゃないかな。

道に迷ったとき、人に迷ったとき、読むとほっとする本です。

Dele ディーリー   本多孝好

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 07:54

JUGEMテーマ:読書

 

 

坂上圭司が所長を務める『dele.LIFE(ディーリー・ドット・ライフ)』は、契約した人が死んだ後、不要となったデータをこの世から消去することが仕事だった。

バイトの祐太郎が足を使って情報を集め、契約者が本当に亡くなったのかを確認し、車いす生活の圭が遠隔操作でデジタルデバイスからデータを削除する。

依頼者が、この世に残したくない、見られたくないと思っているデータを削除するだけの仕事だが、割きって淡々と依頼を遂行する圭司のスタンスに、祐太郎はなんとなく疑問を感じていた。

『残された人は、亡くなった人の真実を知りたいのでは?』『本当に消してしまっていい記録なのか?』

そんな疑問を率直に投げかける祐太郎。

初めはそんな彼を疎ましく感じていた圭だが、とあるキッカケでファイルを覗いてしまった二人は、次々と厄介事に巻き込まれることに。。。

dele=ディーリー。校正用語で「削除」の意。≫

 

この夏、ドラマ化されました。

大きなヒットにはならなかったけど、私は好きです。

まさに現代の問題を真っ向から問うている。

残したくない記録の一つくらいは誰でも持っているのでは?

いつ訪れるか分からない『死』に際し、確実に消去してもらえるアプリがあったら使いたくなるかも。

それでも疑い深い私は、本当に秘密を秘密裏に消してくれるんでしょうね! と気になってしまいますが・・・。

自分が思う『いらない物』って、残される人から見たら『必要な物』なのかな?

相手が何を残したいと思っているのか、それをきちんと話し合うことが終活なのかもしれませんね。

 

いいドラマたくさんあったなぁ

  • 2018.09.16 Sunday
  • 08:20

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

 

この夏は見ごたえのあるドラマが多くて毎日が楽しみでした(≧▽≦)

 

『グッド ドクター』 は、主演の山崎くんが甥っ子にちょっと似てるってこともあって、「手助けしてあげたいッ」「大丈夫って言ってあげたいッ」「ガンバレって伝えたいッ」 という気持ちでいっぱいになってました(^O^)

母性本能刺激されまくりですね(笑)

現実には障害を持つ人が医者になることは難しく、ドラマのような展開になることはほとんどないでしょうが、特出した能力を持つ人が偏見なく社会で活躍できるサポートがあれば素敵だなと思います。

 

『サバイバル・ウエディング』では、生き方のコツというか、考え方の多様性を教えてもらった気がするし、『義母と娘のブルース』は、不器用ながらも互いを思いやって、家族にも仕事にも真摯に向き合うという姿勢を教えられました。

『ハゲタカ』は厳しい現実を突きつけられた気がしますが、ひょっとしたらこれからの社会には必要なテコ入れなんじゃないかと思いました。

 

『透明なゆりかご』は命を取り上げた重いテーマにもかかわらず、優しくて暖かな思いやりが悲しい現実にそっと静かに寄り添っているところが素敵でした。

 

『健康で文化的な最低限度の生活』は、生活保護費をどのように活用して社会復帰するか、社会の一員として生きていくかという問題を直視したということで評価は高いと思いました。

一時、生活保護費を不正に取得している人とか話題になりましたよね。

生活保護を受けているというだけで偏見を持たれることがある世の中で、不正受給なんてことがマスコミに取り上げられて、まるで保護を受けている人がすべて堕落した社会不適合者だという風潮で見られるようになったんじゃないかと思います。

このドラマで、生活保護のあるべき姿と問題点というものを描いてくれたことは、その風潮の流れに待ったをかけるよいキッカケになったのではないでしょうか。

最終回に向けて、保護費を不正使用している母親に役所がどのような対処をしていくのか、どこまで踏み込むのかは見所です。

 

いつも思うことですが、子供を顧みずお金をあるだけ自分で使う親ってどういう思考回路を持っているんでしょう?

生活保護を受けているからと言って、コソコソと影に隠れて生活しろなんて言いません。

パチンコに行ってもいいし、お酒を買ってもいいし、旅行に行ってもいいけど、でもそれは保護費とは別のお金でやるべきだと思うんですね。

ましてや子供が食べることに窮しているのに気にしないっていう親の気持ちが理解できない。

働くことが出来ない子供に食費を与えなかったらどうなるか、考えるまでもなく分かることでしょうに・・・・。

それとも、ちょっとくらい食事しなくても生きていけると思ってるのでしょうか?

 

ため込んでたものを吐き出してしまいましたが(笑) 秋のドラマも期待してます(*^^*)

 

今日のひとこと

  • 2018.09.13 Thursday
  • 08:25

JUGEMテーマ:シェルティ

 

 

 

子育てってそうなんだけどさぁ。

余裕ないとつい・・・・ね。

 

ナミヤ雑貨店の奇蹟   東野圭吾

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 08:10

JUGEMテーマ:読書

 

 

悪事を働き、ほとぼりが冷めるまで隠れようと3人が逃げ込んだのは、ボロボロの古い家。

かつて雑貨店だったそこは廃業し、長い間誰も住んでいないたたずまいだった。

夜明けを待って出ていこうとした3人。だが、住んでいないはずの家の郵便受けに手紙が投げ込まれた。

好奇心に勝てず開けてしまった手紙。そこには切々と真剣な悩みが書かれていた。

どうやらこの雑貨店の店長は悩み相談を請け負っていたらしい。

自分たちには関係ないと思いつつ、3人は店の店主に成り代わって返事を書くことにした。

しばらくやり取りするうちに、手紙の内容に違和感を覚えた3人。

よくよく検証してみると、どうやら手紙は時空を超えて過去からやってきていることに気づいてしまった。

次々に投げ込まれる悩み相談に、いつしか3人も真剣に向き合うようになり・・・・。

 

3人がその店に入ったのは偶然ではなかった。

過去の出来事が現代に続いているという当たり前の中に、思わぬ奇蹟が。

人の悩みに向き合ううちに、自分と向き合い、罪と向き合い、未来に向き合う。

そんなストーリーがとても心地よかったです。

映画化もされましたが、私はこの原作の方が内容が濃くて好き。

映画は映画で良いところもありますが、やはり行間の空気がいいですね(*^^*)

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM