動物病院のイベント

  • 2018.10.23 Tuesday
  • 07:33

JUGEMテーマ:シェルティ

 

 

先日、動物病院主催のイベントが神石高原でありました。

 

 

血圧測定や歯石チェック、ワンコ運動会などもり沢山!

我が家は『自宅でシャンプー セミナー』に参加しました。

 

自己流でやってるので、ちゃんと洗えてるのかなぁと不安もあったんです。

プロの方に教わると、知らなかったこともあって、とても勉強になりました♪

 

中での写真は撮れませんでしたが (ほとんど動きなしのセミナーなんで (笑)) 外で記念に。

 

 

ここは、子供たちが遊べる遊具のあるスペースや、ヤギなどが放牧されてるスペースがあります。

姫ーズの後ろには・・・

 

 

のんびりしてるヤギさんたち。

 

 

一緒に写真撮りたかったけど・・・(笑)

近くにはドッグランもあって、休日はとても賑わってました。

 

コスモス畑でキメ!

  • 2018.10.19 Friday
  • 07:56

JUGEMテーマ:シェルティ

 

リニューアルした笠岡ベイファームのドッグランに行って来ました。

フェンスが丈夫で綺麗になってた。

でも相変わらず近くに水道なし。

ゴミ箱もなし。残念。

 

休憩所の屋根が何層のもすだれが垂れてるカンジに仕上がってる。

たぶん強風にも耐えられるようにという配慮かな?

雨は防げないけど風の通りが良くて気持ちいいです(≧▽≦)

 

 

丁度コスモスがキレイな時期(*^^*)

 


一面のコスモス。

 

 

綺麗なのでさっそく撮影会。

 


張り切って撮ったのに、新しいスマホは勝手に絵画風にしてくれた・・・(;^ω^)

毛のカンジが変だよね(笑)
そんなこと関係なく姫ーズめっちゃ楽しそう♪

 

今日のお友達は・・・・

 


シェルティーズ(≧▽≦)
犬親戚のアンリくん。もんちゃんシャルちゃん。くるみちゃんとシェルレス預かりのいずもくん。

 

未来さんはグイグイ来られると嫌がるタイプなんだけど、みんな心得てくれていい距離感を保ってくれます。
さすがシェル。空気読む力もすごいね〜。


今日はちょっと暑かったけど、日陰はとっても気持ちよくて犬談義に花が咲き、楽しい一日を過ごすことが出来ました。

新しいスマホにしても写真の腕は上達せず・・・・ってとこが残念な私ですが (笑) ちょっと斜めの写真を楽しんでいただければと思います (爆)

次回はいずもくんとランラン出来たらいいなぁ。
また一緒に遊びましょう。

 

 

 

プチイベ

  • 2018.10.19 Friday
  • 07:46

JUGEMテーマ:シェルティ

 

 

先日の日曜日、犬のイベントに行ってきました(≧▽≦)

 

 

洋服とかオヤツとか玩具とかが売られてます。

奥のスペースでは人間用のカフェコーナーもあって、多くの人で賑わってました。

 

 

看板犬もさせてもらって大満足(笑)

 

残念ながら姫ーズが食べられそうなオヤツがなかったので、(イロイロ制約があるんです ( ;∀;)) 人間用のほっこり揚げ芋を購入。

 

 

味付きだから一個を半分づつにするね。

 

 

 

いやいやそれ、私のだから。

そんなキラッキラした目で訴えられてもダメだから。

 

 

それっ、言っちゃいけないヤツ!

出しちゃいけないワードだからッッッ!

 

 

ラストレシピ  麒麟の舌の記憶

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 18:39

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

幼い頃両親を亡くし、施設で育った佐々木充は、すべての味を記憶し再現することが出来る絶対味覚・麒麟の舌の持ち主。

自らの才能を頼りに起業したが、味に妥協しない信念が足枷となって失敗。多額の借金を背負うことになった。

その後、依頼人の『人生最後に食べたい料理』を再現して高額の報酬を得る料理人に転身。

そんなある日、彼に巨額の依頼が舞い込んできた。

依頼内容は、かつて満州国で日本人料理人の山形が考案したといわれる伝説のフルコース『大日本帝国食菜全席』のレシピの再現。

佐々木と同じく麒麟の舌を持っていたといわれる山形の料理とはいったいどんなものなのか。

70年の時を超えて、佐々木は真実にたどり着くことができるのか。

 

さすがに内容の濃い物語でした。

時代背景もさることながら、謎解きのように進んでいく展開。

散りばめられたヒント。

家族の愛と料理に対する情熱。そして仲間との絆。

何故レシピが失われたのか、その真実が明らかになった時、自分以外を切り捨ててきた佐々木の気持ちの変化。

レシビに関わった多くの人の想いを感じた時、胸が熱くなります。

ユリゴコロ

  • 2018.10.13 Saturday
  • 12:57

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

男手ひとつで育ててくれた父が余命宣告され、婚約者の千絵は忽然と姿を消した。

カフェを経営していた亮介はその出来事を受け止めきれずにいた。そんな矢先、千絵からの伝言を手に細谷という女性が現れる。

彼女に千絵の行方を捜して欲しいと依頼する一方、亮介の頭を占めていたのは、実家の押し入れで見つけた一冊のノート。

それは、人を殺すことでしか自分の生きる世界と繋がれないという女性の告白だった。

衝撃的な内容に目が離せなくなる亮介。

自分はなぜこのノートに惹かれるのか、そして何故このノートが実家にあるのか。

やがて物語は思いもよらない結末へと導かれていく・・・。

 

ノートの告白は本当に衝撃的でした。

けれど、現在の犯罪を知るにつけ、そういう人がいない世界ではないのだろうなということがさらにこの物語を芯から震えさせるものになっていると思います。

人を愛するのに必要な要素。

誰もが持って生まれてくるものだと疑っていないもの。

人を殺すという一線は、簡単には超えられないものだと信じているもの。

自分や社会を支えている根源が揺さぶられている気がしました。

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM