引っ越し大名

  • 2020.07.16 Thursday
  • 07:49

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

江戸時代。幕府は諸藩の反逆行為を封じ込めるため、参勤交代などで藩の資金を使わせる政策を執った。
中でも気に入らない城主、または治めずらい藩への国替えがその最たるもので、姫路藩も目を付けられ、頻繁な国替えを要求されていた。
国替えは藩の一大事。
上手くいかねば首が飛ぶ。そんな責任者になり手はなく、任命されたのは書庫にこもって本ばかり読んでいる片桐春之介だった。
怖気づく片桐。そんな彼を幼馴染の鷹村が焚きつけ、前任の引っ越し奉行の娘の力を借りて、予算なし、時間なしの一大行事が幕を開けた。


爆笑とまではいかないけれど、くすりと笑みがこぼれてしまう楽しい作品。
それにしても、武士というのは大変だなぁと思われます。

幕府に対してひたすら低頭。

理不尽なことでも従わなきゃいけない。

国を越えての引っ越しって、しかもその土地を治めなきゃならないのは相当な重責だったと思います。

家族もいい迷惑だよね。単身赴任していいのは江戸だけだもん。


作風は真面目にコミカル。
そこに命を張ってるところが怖いというか何と言うか。
ラストはちょっとジンときてしまいました。
 

人間失格 太宰治と3人の女たち

  • 2020.07.15 Wednesday
  • 07:55

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

妻子がありながら他の女性との逢瀬を重ね、その女性との関係を元にした小説を書き、自殺未遂を繰り返す。
酒に溺れ、愛人に『子供が欲しい』と強請られればそれに応じる。
そんな破天荒な生き方を繰り返していた太宰は、自身の命が長くないことを知り・・・。


太宰の生き方は何となく知ってましたが、深くは考えたことがなかったです。
けれど、この作品を見て、ギリギリのところで踏ん張って、虚勢を張りながら身を削って物語を作っていく、その壮絶さに触れた気がします。
確かに。もともと神経の細い人だったのでしょう。
人と真剣に向き合うのが怖くて、諍いが嫌いで、NOと言えない日本人。
でも、破綻している人でないと書けない物語がある。
破綻していないと、そもそも小説なんて書けないのかも。
そんな彼だから、そんな彼に惹かれる女性も常識から逸脱している人ばかり。
何かを成す人というのは、そういうものかなぁ。

夫としても男性としても情けない人ですが、どこか可愛いと思わせる、面倒をみてやらなきゃと思わせる魅力を持っている人だったんだろうなと思いました。
 

駅までの道をおしえて

  • 2020.07.14 Tuesday
  • 06:21

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

8歳のサヤカは、学校行事で家を留守にした日、大切だった愛犬ルーを亡くした。
突然のことに納得がいかないサヤカ。
彼女はずっとルーを探し、待ち続けている。
そんなある日、ルーとの思い出の場所で、幼い息子を亡くした老人・フセに出会う。
年齢は違えど互いに大切なものを抱えている二人。
そんな彼らの前に現れたのは・・・・


主役の子役の存在感がすごい。
大切な家族を亡くした喪失感と、相手を思いやる気持ち。
一つ一つのことをしっかりと頭に入れて考えて、ちゃんと向き合って、答えを出そうとする誠実さ。
もう、涙が出そうなくらい素敵な子でした。
緩やかに、静かに流れる景色と情景と感情が、とても心にしみる作品です。
 

ファイナルファンタジーXIV  光のお父さん

  • 2020.06.23 Tuesday
  • 07:39

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

単身赴任中だった父・暁が突然仕事を辞めて自宅に戻ってきた。
そのワケを何も話さない父に、息子・アキオは戸惑う。
というのも、寡黙で多忙だった父とはあまり会話をしてこなかったからだ。
父親とはいったい、どんな人物なのだろうか。
自分はこの父が亡くなった時、泣くのだろうか。
そんな考えが頭をよぎった時、アキオは父の本音を知りたいと思うようになった。
そこで、幼い頃に一緒に戦った「ファイナルファンタジーIII」を思い出し、父をオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に誘って、ゲームの中で語り合おうと計画を立てた。
そして父がオンラインゲームの中へ。
順調に関係を築いていたある日、父のとんでもない秘密を知って・・・・。

 

仕事人間で寡黙ゆえに子供たちとどのように接すればよいのか分からない父親。
そんな父親にどこか遠慮し、本音でぶつかることを避けてきた息子。
どちらも不器用で似た者親子です(^O^)
でも、ゲームの中なら自分をさらけ出せる。
本音で話すことが出来る。
それはまさに今の世の中ならではの発想ですね。
父親がそのゲームにハマっていく様子がまた可愛いのです。
父親も、息子との接点を探すべく彼の趣味を理解したいと思っていたのでしょう。
不器用だけどとても素敵な親子です。
第23回ファンタジア国際映画祭にて観客賞を受賞。
ブログ、書籍、ドラマ化もされた感動の実話です。

 

宇宙ショーへようこそ

  • 2020.06.08 Monday
  • 08:03

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

長閑な田舎町。
小学生は全校生徒で5人。
何でも助け合い、仲良く学校生活を送る彼らの楽しみ。

それは、夏休みの学校での合宿。

一週間、子どもたちだけで過ごす時間は、期待に満ちていた。

そんな彼らが森で見つけた怪我をした犬。
それは何と宇宙から来た地球外生命体。

地球にある珍しい植物の調査に来たという彼は、怪我を治療してくれたお礼に彼らを宇宙旅行へと連れて行ってくれた。

ところが、その珍しい植物の乱獲を防ぐために地球への帰り道を断たれてしまい、5人は別の惑星から帰る道を選択することになった。

 

『かみちゅ!』の舛成孝二監督と倉田英之脚本。

題名にはあまり魅力を感じなかったのですが、先入観を持ってごめんなさい。と言いたくなるほど楽しい作品でした。

内容は確かに子ども向けかもしれません。
でも大人が見ても十分心が温まるような話です。

ちょっとした感情の行き違いでギクシャクしてしまった姉妹の話には、わが身を重ねてすごく懐かしく思い出しました。

でも私の場合、彼女たちほど密接な関係ではなかったですけどね(^.^;)

少人数でともに生活してきた彼らの絆の強さには憧れます。

 

ガフールの伝説

  • 2020.06.08 Monday
  • 08:00

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

フクロウのソーレンは、世界征服を企む純血団からフクロウたちを救うべく大戦に挑んだ戦士たちの伝説『ガフールの勇者たち』の話が大好き。

いつか自分も勇者になるんだと夢見るが、狩りや飛ぶことに夢中で好戦的な兄のクラッドは、そんなソーレンを馬鹿にし、何かと対抗意識を燃やしていた。

父親に優しくされるソーレンを見るクラッドの嫉妬心は募るばかり。
ある日とうとう兄弟喧嘩の末、二羽は木の上にあった巣から落ちてしまい、純血団に捕らえられてしまう。

ソーレンは勇気ある若い友達の助けを借りて脱走。純血団を成敗しフクロウの王国を救うため、ガフールの勇者たちの巣があると言われている神木を探しに行く。

一方、クラッドは純血団に共感し、彼らの仲間となってしまう。


フクロウがフワフワしててすごく可愛い♪
幼い妹がとくに可愛くて、癒やされます。

内容は、子ども向けで分かりやすく描いている冒険と家族愛の物語。
でもラストはかなり残酷。

これも自然界の淘汰なのでしょうか。

CGの動物たちがまるきりリアルでないので、救われてます。
表情の作り方はさすがに上手いですね。

 

宇宙兄弟

  • 2020.06.08 Monday
  • 07:56

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

 

 

ある夏の日の夜、兄のムッタと弟のヒビトは丘でUFOを目撃する。
その日から二人の将来の目標は『宇宙飛行士になる』こと。

けれど時は経ち、弟は着実に夢を叶えるために進んでいたが、兄は車の設計に携わる仕事についていた。

兄が自分と同じところに立つと信じて待つ弟。
一方の兄は上司に弟を誹謗され、かっとなって頭突きをしたことで無職に。

再就職がなかなか決まらず焦る兄。そんな時、弟がこっそりと応募していたJAXAの書類選考に合格したとの知らせが舞い込んでくる。


ムッタは主人公なのにとてもそうは思えないほどビジュアルが冴えない。
見栄っ張りだし、気になる女性の前では鼻を伸ばすし、どこにでもいそうな青年。

でも、ただの青年ではないことは、ストーリーが進むにつれて見えてくる。

イケメンではないけれど、カッコいい。それがムッタという人物だと私は思う。

 

彼が職場にいれば、雰囲気はとても良くなるだろうし、作業効率は上がるんじゃないだろうか。
きっと、とても重宝がられる人物だ。

 

一方、弟のヒビトは明るくてひょうきん。
何も考えていないようで、ちゃんと努力して目標を達成しようと出来る人。

困難にぶち当たっても、悲観的にならず、解決策を見つけようとする。
彼が職場にいたら、和気あいあいと楽しく仕事が出来そうだ。

 

そんな兄弟の似てないようで似てるところや、ぶつかり合ったり信じていたりする物語はとても心がほっこりとする。

現実を知り、けれど夢をあきらめない。
そんな大人もいるんだよ。世界のどこかには。

 

最高の人生の見つけ方

  • 2020.06.06 Saturday
  • 07:40

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

家の事はおろか、自分のことすら何も出来ない夫に尽くし、家庭のために生きてきた幸枝は、突然の余命宣告を受けて入院することとなった。
家族には病気のことは何も打ち明けておらず、一人秘密を抱える幸枝。
彼女と同室になったのは、同じく余命宣告を受けたが夫にもそれを伝えられず、ただひたすら会社のために生き、会社を大きくすることに人生を賭けてきたマ子だった。
全く違う世界に暮らしてきた2人はある日、病院の中庭で人生を諦めたような少女に出会う。
彼女は『死ぬまでにやりたいことリスト』というものを持っていた。
ひょんなことからそれを手元に置くこととなった二人は、自分たちには主婦業や仕事以外に何もやりたいことがないことに気づき、少女の代わりにそのリストを実行しようと旅に出る。

 

向かう先が見えている物語ですが、今まで羽目を外したことがない二人が、年齢を飛び越えて様々なことにチャレンジしていく姿はちょっと羨ましく感動します。

先が見えていなくても、何かをするのに遅すぎるということはない。

そして、今日と言う日が人生で一番若い日なのだから、今やらなくていつやるの。っていう気分にさせられました。

ほんのひと時交じり合った人が、一生の大切な友人になる。

とても素敵な物語です。

 

スノーホワイト

  • 2020.06.06 Saturday
  • 07:22

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

マグナス王とその王妃の間に生まれた、美しいプリンセス・スノーホワイトは、二人の愛に包まれて健やかに成長していた。

だが幸せは長く続かず、母が亡くなり、父が継母の手によって殺害され、国を乗っ取られたスノーホワイトは、7年間も幽閉された。

やがて自らの命にも危険が迫り、スノーホワイトは間一髪、城から抜け出すことに成功する。

だが、継母の追撃は容赦なく、あの手この手でスノーを追い詰めた。

そしてついに女王の魔の手にかかったスノーは・・・。


原作はもちろん、『白雪姫』
王子様と結ばれてめでたしめでたし。となるはずですが、このスノーはなかなか気の強い女性で、誰かに守られてよしとする性格ではありません。

そして、女王の過去にも悲しい真実がありました。

物語の裏がしっかりしていて、とても見ごたえのある作品でした。

わが母の記

  • 2020.06.06 Saturday
  • 07:19

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

神経質で気持ちを上手く伝えられない不器用な作家、伊上洪作は、家族をネタに小説を書いて生計を立てていた。

仕事は熱心だが、他人の気持ちを鑑みることが苦手な洪作は、子供たちの自由を束縛していることに気づかず、体が弱く感受性の強い次女や、自己主張のしっかりとした気の強い三女から距離を置かれていた。

 

協力しあっているように見えて、ぎこちない家族。

そんな折、洪作の母親が認知症を発症。
兄弟でかわるがわる面倒を見なければならない事態になる。

幼少期に母親と離れて暮らさなければならなかった洪作は、母親に捨てられたという想いを抱えて生きてきた。
そのため、心の底から打ち解けることが出来ない。

息子の顔さえ忘れていく母。

子供たちが自立し、やっと二人で静かに語れる時がきた時、母が語ったのは・・・・。


特に劇的なドラマがあるのでもなく、ゆっくりと認知症が進んでいく母親と、過去のわだかまりにケリをつけられずにいる息子との交流が静かに流れて行きます。

話さなければ、聞かなければ、事実は闇の中。

家族だから、話さなくても通じるというのは間違いで。
互いに理解しようという意思がとても大切なのだと感じます。

忘れてしまう前に。
大事なことは伝えておかなければ。そう思う作品。

胸に清水がしみ込むような静かな感動を覚えました。

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログは公開終了いたしました。
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM