遺書配達人    森村 誠一

  • 2020.03.18 Wednesday
  • 07:39

JUGEMテーマ:読書

 

いつも血なまぐさい事件を担当している棟居刑事は、俳句を読んだりお遍路に行ったりという行動を通して、体に染みついた事件の禊ぎをしていた。

そうした日常で知り合う人の中に、事件に関わっている人たちがいる。

ちょっとしたヒント、手掛かりを手繰り寄せ、事件解決へと導く棟居刑事。

だがそこには関わったがゆえの心の染みは深く彼の中に残っていく。

 

タイトルの話は、本の中の一つの事件にすぎません。
そして、遺書を届けている人の話は出てきません。


うーん。
どちらかと言えば、棟居刑事が関わった事件の話より、この遺書を配達している人の話を全編で読んでみたかった。

確かに、事件にかかわった人たちは、棟居刑事に様々な遺書らしいことを残すのですが・・・・・。

でも誰に頼まれたのでもなく遺書を配達してる元区役所吏員の野田さんの方が、掘り下げて人間模様が読めた気がします。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM