フリーター、家を買う。   有川 浩

  • 2020.03.22 Sunday
  • 08:35

JUGEMテーマ:読書

 

 

 

会社の歯車となって言いなりにバリバリ働く男にもなれず、かといって要領よく立ち回って美味しいところをもっていくような男にもなれない。
そんな主人公の武は三カ月で仕事を辞めてフリーターの道に。。。

初めは適度に頑張っていた就職活動。
ところがそう世の中はうまくいくはずもなく、だんだん働くことが億劫に。

そうこうしてる間に母親が重度のうつ病になり病院に通うようになる。
そこには酒癖の悪い父親の失態で、町内会からはみ出された苦悩が隠されていた。

 

今までのんきに幸せに暮らしていると思っていた自分の過去の、思わぬ悪意に気付いた武は、母親の病気を治そうと一念発起。

衝突していた父親ともぎこちないながら家族の対話を始めるが、事態はカンタンではなく、母親の病気は一進一退を繰り返していた。


まず、初っ端から暗い!
フリーターになった経緯も、ホントに根性のない駄目な男というところが見えて、幻滅。

けどそれってすごく理解できるところでもあるんですよね。
楽な方に流れて行くのは人のサガというか・・・。

 

しかも母親の鬱の原因が、父親の一度の酒癖の悪さで町内会から執拗な嫌がらせをされていたことだったなんて。

しかも、それを幼い子供にも向けていた。
周りの大人たちの大人げのなさがすごくえげつない。

そんなことして、自分たちの人間としてのスキルが上がるとでも思ってるんだろうか?

子供でも考えれば分かることを、いやはや集団になると恐ろしい。

 

武の父親というのもまた情けなさ全開。
まさに、フリーターになってしまった武の親ですなってカンジ。

でも彼は社会的にはしっかりした立場を築いている人で、だから武の就職の話などは力を発揮するのですが・・・・。

 

いま、家庭力のない父親って、見限られてるじゃないですか。

仕事にかこつけて、家の中の問題を直視しない。
または、自分の理解できない問題が家族間で起った時に、それを見ないふりをする。
どこの家庭でも起りそうな問題。


それにしても、ねえちゃんのバイタリティ溢れるところには胸がすかっとしました。
自分の言いたいことを理路整然と喚けるって、素敵です。
しかも、散々酷い仕打ちをしてたご近所さんにも大人の対応ができるなんて。

鍛えられたなーってカンジがしましたね。


このねえちゃんと、すぐに言い訳しそうになる弱い武。
二人がタッグを組んだから、この家族はギリギリのところで救われるんだと思います。

思いのほか恋愛要素が少なかったけど、まったく気にならず!でした(≧∇≦)

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM