WILL   本多 孝好

  • 2020.03.27 Friday
  • 07:22

JUGEMテーマ:読書

 

 

18歳のときに両親を事故で亡くし、家業の葬儀屋を継いだ森野の元には、時折葬儀とは別の話が持ち込まれる。

夫の生まれ変わりだと主張する少年が現れたと言う老婆。
自分を喪主にして、葬儀をやり直せと要求してくる女。
複雑な家庭環境ゆえに家族はさまざまな秘密を抱え、それぞれが悩み、故人の気持ちが分からなくなっている同級生。

『自分たちが取り仕切った葬儀で、問題が起きたとなれば商売にかかわる』
と、森野はそれらの解決に身を乗り出す。

そんな彼女にも想いを寄せてくれる幼馴染がいて、けれどその気持ちに答えられないまま日々が淡々と過ぎていた。


初めのころ、森野のことを男性だと勘違いしてました。
『お嬢さん』って呼ばれていたのに・・・・。

 

彼女は割と口が悪いんですよ。乱暴な言い方をして、突き放したような冷たさを感じる。
もちろん、心根はまったく正反対なんですが。

それで、彼女の口調だけに意識を向けてると、どうしても男性に思えちゃう。
まあ要するに、男だったらめっちゃ好みのタイプだったってことで・・・。

 

読み進めていくうちに、彼女の中の女性らしさとか戸惑いとか恐れとかいうものが理解できてきて、親近感を覚えたり感心したりするようになるのですが。

久々にラストでは泣きました。
じわーっとくる物語でした。
森野が自分の気持ちと向き合って、過去ともちゃんと区切りをつけて、そうして自分の足で歩きだそうとしている姿に感動!

 

この小説は、彼女の幼馴染であり、想いを寄せてくれている男性の神田。
彼の物語の続きみたいでして、そちらの話もぜひ読んでみたいと思いました。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM