KIDS

  • 2020.05.18 Monday
  • 13:30

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

人の傷を自分の体に移すことができるという特殊な能力をもつアサトは、それゆえに純粋で傷つきやすい少年。

一方、過去に傷害事件を起こし夢も希望もない生活を送るタケオは、人を信じることも出来ない。

そんな共通点のない二人が出会い、少しずつ友情を深めていく。

 

乙一さん原作。
先に本を読んでいたので、すごく楽しみにしていました。

印象は・・・ちょっと原作とは違う。

配役は良かったのですが、もう少し掘り下げて貰いたかったなぁと思いました。

そんな中、アサトの献身的な姿や懸命に生きてる姿には救われます。
自身も傷を負いながら、どうしてそこまで他人に優しくなれるのか、切ないくらいに愛おしくなっちゃいますね。

彼に触れた人は、タケオでなくても心を揺さぶられてしまうでしょう。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM