時をかける少女

  • 2020.05.22 Friday
  • 07:52

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

 

誰もいないはずの理科実験室。
物音に気付いて中に入った少女は、ラベンダーの香りを嗅いで失神してしまう。
その日から、同じ経験を繰り返しているような不可思議な出来事が彼女の周りで起こり始める。

デジャビュじゃないかと否定されるが、納得がいかない。

そんな時、幼馴染の家で思い出を語るうちに、二人の間に奇妙なズレを感じ、彼の存在があやふやになっていく・・・・。


懐かしい作品♪
時を超えるって当時はすごく惹かれましたねぇ。
しかも幼馴染が三人ってとこもポイント(≧∇≦)
女の子一人に男の子二人。
とても微妙なバランス♪

 

これを見た後に、新しい『時かけ』を見るとさらに面白さ倍増♪

記憶を消されたハズの少女は大人になり、子供を産んで、何かに導かれるように研究者になる。
そして今度は娘が時を超えて、母親の想いを伝えに過去へと飛ぶ。

結末はちょっとほろ苦いですが、分かっていたことなので後味は納得です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM