一命

  • 2020.05.23 Saturday
  • 07:30

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

戦国時代が終わり、平穏な世になると、武士はその役割のほとんどを失う。
御家取り潰しが相次ぎ、生活に困窮する者も数多く、そんな下級武士たちは、裕福な大名屋敷に赴き、『狂言切腹』なるものを敢行し、その日を暮らす銭を手にいれたり、あわよくば仕官したりすることを狙うようになっていた。

井伊家にも二人の侍が時をずらして訪れた。

『狂言』だと思った家老は切腹を願い出た最初の男の願いを聞き届け、次に訪れた男にはその顛末を話して聞かせた。
が、二番目の男にはとある事情があり・・・・。


切腹シーンは壮絶なものがあります。
目を覆いたくなるような展開と顛末。かなりエグイです。

けれど、その背景を知るにつれ、男が憐れになってきます。

全体的に暗く重苦しく、生活苦がにじみ出ています。

 

命を賭して伝えなければならないもの。命をもって示さなければならないもの。
武士ならでは生き方に、現代を生きる私は、不器用だなぁと感じずにはいられません。

もう少し賢しく小ズルかしく生きていけばラクなのにと。
己の芯と境遇に殉じなくても、それなりに生きていけるのにと。

 

けれど、だからこそ、その中に独特の美学があるのですよね。

ただひたすら真っすぐに、正道と信じる武士の道を生きる。
惹かれるけれど、壮絶すぎて自分ではムリと思ってしまうあたり、ひ弱な現代っ子です。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM