犬のおまわりさん

  • 2020.05.23 Saturday
  • 07:36

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

『ねこばん3D とび出すにゃんこ』の有馬顕監督が手掛けた作品。

平和な田舎の町に、使命感に燃える新米警察官がいた。
職務を真面目にこなす彼の元にある日持ち込まれたのはゴールデンレトリーバーの子犬。

首輪を付けられている子犬は、『生きた落し物』。

警察ではあずかれないので、愛護センターに引き渡すことになった。
ところがセンターでは5日経つと殺処分だと言われ、新米警官は子犬を一時預かることに。

自称犬好きを語っていたが、子犬の世話は思ったよりも大変だった。


可愛いから。
癒してくれるから。
そんな理由で犬を買う、飼う。

それ自体は悪い事ではないですが、相手は命。
意思もあれば主張もある。

食べて出して寝て悪戯をして。

自分の意にならないことも全部ひっくるめて受け止める度量がなければ、自分以外の命を守り、世話することなんて出来ません。

 

ただ情に流されてしまった警官の悲劇が喜劇ですが、命と真剣に向き合った姿はご立派。
犬好きさんには理解できる場面が多いかと。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM