SAYURI

  • 2020.05.23 Saturday
  • 07:38

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

原作はアメリカ人のアーサー・ゴールデン。
監督はロブ・マーシャル。

舞台は京都の祇園。貧しい家に生まれた千代は、姉と共に置屋に売られてしまう。
夜中、逃げ出そうとするが失敗。姉と生き別れになり、両親も亡くなったという知らせを受けて、運命を受け入れる。

置屋に迷惑をかけたという罪で一度は芸者の道を断たれた千代だったが、橋の上である男性と運命的な出会いをし、道が開けていく。


芸者同士の嫉妬や駆け引き、豪華絢爛な衣装や踊り。
見どころはありますが、やはりどこか日本らしくない、異国の物語を見ているように感じてしまいました。

仕草や表情の些細な違いだけでなく、雑然とした祇園の街並みとか、混沌とした街中の様子とか。。。。

日本人が描く中国的な映像に似てる気がします。

全編通して英語なのも、その要因かと。

女性同士の軋轢の中、強く逞しく成長していくさゆり。
人生を受け入れ、けれど運命は自ら切り開いていきたいと願う彼女の生き方に感動を覚える人も多いのでは。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM