名もなき星の哀歌   結城真一郎

  • 2020.07.24 Friday
  • 07:26

JUGEMテーマ:読書

 

 

決して表には出てこない。人の記憶を取引する店がある。
銀行員として働く良平と、漫画家志望の健太はひょんなことから店の存在を知り、そこで働くことにした。
表で知りえた情報を使って裏の仕事をこなす。
上手くいっていたように見えたが、『星名』という女性の素性を追うことになったときから歯車が狂い始める。
調査を進めるごとに浮かび上がる謎。
医者一家焼死事件や禁じられた記憶移植手術の実態。そして脅迫者の影。
それらの謎が解き明かされたとき、残酷な真実が浮かび上がる。


とても面白い商売だなと思いました。
店の存在が公にならない工夫もさることながら、記憶をどう扱うかという商売の仕方まで。
ただ、未だに良平がなぜ裏家業に足を踏み入れたのかがよく分からない。。。
あまりそういうことに突っ込みそうなキャラとは思えないんですよねぇ。
これはまあ、私のイメージなので物語性にはまったく関係ありませんが。
謎解きはいつものように私には難しくて、途中で混乱してしまいましたが、世界観は面白いと思いました。
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログは公開終了いたしました。
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM