そして、バトンは渡された   瀬尾まいこ

  • 2020.08.01 Saturday
  • 07:23

JUGEMテーマ:読書

 

 

17歳の森宮優子は四度も名前が変わった珍しい経歴の持ち主。
実母は亡くなり実父は再婚。その後離婚して義母に引き取られ、義母が再婚。

けれど離婚して今度は義父に引き取られるという目まぐるしい家庭環境。
複雑だけど誰からも愛され、大切にされている彼女は、けれど他人に踏み込むことが出来ず・・・。


実の両親にも義理の親にも愛されている優子は、とても恵まれていると思います。
でも、やはりそこは複雑な関係ゆえに起こる問題も・・・。
実の親なら我がままも言えるし、距離感なしで付き合えるけれど、どんなに愛されてても血の繋がりのない関係はどこか距離を感じます。
人間って、子供の段階で遠慮なしに付き合える家族がいることって大切なんだなぁとつくづく感じました。
そういう心の親子関係を作ってあげられないと、不幸とまでは言わなくてもちょっぴり寂しくなることもあるだろうなと思う作品でした。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログは公開終了いたしました。
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM