地獄少女

  • 2020.10.15 Thursday
  • 08:06

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

午前0時に地獄通信というサイトにアクセスし、地獄に送って欲しい相手の名前を入力したら、復讐が遂げられる。
そんなウワサがまことしやかに流れていた。
けれど、本当に恨んでいる人にしかそのサイトは開かれない。
そして、相手を地獄に送れば、自分も死んだときに地獄に落ちる。
それを知ってもなお、相手を地獄送りにしたい人間はいる。。。。

 

 

私はアニメでこの話を知りました。
アニメでは地獄少女の過去の話もあって、一緒にいる妖怪たちの話とか、とても心揺さぶられるものでした。
人を呪わば穴二つ。とはよく言ったもの。
本気で人を恨むって、辛いことです。
自分の命を削って、その人のことを憎んでる。
地獄少女と取引しなくても、人を恨んでるだけで自分の命が削られるほどの衝撃がある。
だから、辛い思いをしている人には、「そこから逃げて」と言いたい。


逃げることは自分を守る唯一の方法です。
戦えば、自分も結局は傷つくのですから。
そして一番の復讐は、忘れることです。
・・・・っていうと、恨みに囚われている人は「そんなこと出来ないッ」って思うでしょうが、人を葬り去るには、その人の存在ごと忘れることが一番だと思うのです。
その人から遠ざかり、再びあった時に、「あんた誰?」 って言ってやるのです。


人が死ぬ時ってどんな時だと思います?

まず、物理的に死んだとき。
そして、人に忘れ去られた時です。

自分にとって価値のない相手を地獄に送るために、自分まで地獄に行くだなんて考えただけでもバカバカしい。
「アイツなんかとお手てつないで地獄に行くだなんて、冗談じゃない」 と吐き捨てて欲しい。
この作品を見るたびにそんなことを思います。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログは公開終了いたしました。
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM