デスノート Light up the NEW world

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとした“キラ"こと夜神月。
暴走する彼を阻止しようとした世界的 名探偵“L"。
天才VS天才の対決は決着しデスノートを巡る事件は10年前に幕を下ろしたはずだった。
世界中のネット回線がジャックされ“キラ"による“復活宣言"が発信されるまでは──。
死神により再び地上にもたらされたデスノート。同時多発的に発生する大量の殺人事件。
そんななか、デスノート“オタク"の捜査官・三島(東出昌大)が率いる警視庁デスノート対策本部にLの後継者の竜崎(池松壮亮)が加わり、無差別殺人の現場で1冊のデスノートを手に入れる。
そこには、キラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑(菅田将暉)の姿があった。人間界に同時に存在していいデスノートは6冊までと判明、三島は残りのノートを確保して封印すると誓う。
竜崎はデスノートを使うことなく事件を解決し、Lを超えると決意する。
一方、紫苑は6冊を独占し、“キラ"の復活を願う。今、それぞれの譲れない“正義"を懸けた、3人の壮絶な頭脳戦が始まる──!(アマゾンより抜粋)

 


反響の大きかったデスノートの続編ということもあり、とても楽しみにしてました。
途中、そうではないかなぁと思ってた予想が当たってちょっと鼻高♪
やっぱり騙しあいのデスノートだなと。
今回、死神と人間の交流が少なく残念でしたし、無差別殺戮にデスノートが使われたこともショック。
ま、そうなることは予想できますが、一番、起こってほしくない犯罪ですよね。防ぎようがないもの。
ただ、もう少し頭脳勝負なとこが見せ場であって欲しかったなというのはありました。
 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode