怪獣の夏 はるかな星へ

  • 2018.01.25 Thursday
  • 07:44

JUGEMテーマ:読書

 

 

昭和の地方都市。

高度成長期を謳歌しながら公害が問題になりつつあった時代。

集団に少し馴染めない特異な才能を持った子供たちが、ある画を見つけるところから話が始まる。

それはとても奇妙で迫力のある画だった。

誰が描いたか分からない。

だがそれを見つけてからしばらくすると、謎の機会人間や怪獣が次々と町を襲うようになった。

町を救うのは画を見つけた子供たちしかいない。

だがどうやって非力な子どもが怪獣に立ち向かうのか。そこには太古の昔からいたというある星の人間の存在が関わっていて・・・・・。

 

発想がすごく面白い。

児童文学のようにすらすら読めるし、理屈なんて何もいらない。

そんなことがあってもいいじゃないかとゆるく考えながら読むのが最高!

その中に、上ばかりを見て忘れてしまっていた大切なことや、未来のことを考えさせられるきっかけになる話が入ってます。

今の時代にも通じるんじゃないかな。

高度成長の夢から覚めないといけない時代だと思うので。。。。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM