忍びの国

  • 2018.06.14 Thursday
  • 07:45

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

戦国時代、織田信長は勢力を拡大し続けていた。

織田の天下統一は目前。

誰もがそう思っていた。

だが、その信長すらも攻め入らなかった国がひとつだけあった。

それは伊勢の隣国。伊賀。忍びの里だ。

人を人とも思わず、人らしい感情などない彼らは金で動くだけの虎狼のやから。

そんな忍者の中でも凄腕の門破り・無門は、無類の怠け者。

忍んだ館で一目ぼれした女房のお国に尻に敷かれる毎日を送っていた。

そしてついに織田軍が伊賀討伐に腰を上げて来て・・・。

 

 

金がなければ自分たちの里が危機でも戦わない。

徹底したお金至上主義の忍びたち。

でもそれもそのはず、彼らは幼い頃に両親に捨てられ、売られて伊賀に連れてこられた。

毒を飲まされ矢を射かけられ、死ねばそのまま放置され、生き延びれば忍びとして使い捨てられる運命を背負わされた。

そんな境遇の中にあって、無門はまだ無だったのかなという気がします。

何も知らない赤子。人の感情を理解する勉強が出来なかった子供。だからまだこれから希望がある。

ちゃんとした人になれるための希望が。

でも・・・・。

散り散りになった伊賀者たちはどこに――――――――――。

ラストではちょっとゾッとしました。

昨今の凶悪な犯罪を知り、その人間性を聞くと、犯罪者は先天的に何かが足りないんじゃないかと。。。

彼らの遺伝子は今もどこかで生きているのかもしれないと・・・。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM