羊と鋼の森  宮下奈都

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 07:38

JUGEMテーマ:読書

 

 

高校生の外村は諦めることが日常だった。

閉ざされた田舎に住み、自分には才能もなく何かに夢中になれるものもない。

そんな虚無感に似た感情を飼いならしながら何となく日々を過ごしていた。

そんなある日、ピアノを調教するため学校にやってきた板鳥の音が、閉ざされていた外村の中の何かを掘り起こす。

自分が求めていたものはコレだ。

突如湧いてきた感情のまま、彼は調教師への道を歩くこととなった。

だがその道は平坦ではなく、ピアノに触れたこともなかった外村にとっては過酷な道だった。

コツコツと。ただひたすらまっすぐにピアノに向かう日々。

そんな彼を、ピアノを愛する姉妹や口の悪い先輩、そして憧れた調教師の板鳥らが厳しくも暖かなまなざしで成長させていく。

 

13回本屋大賞、第4回ブランチブックアワード大賞2015、第13回キノベス!2016 1位という快挙を成し遂げた感動の作品。

まず、静かな森のイメージが頭一杯に広がりました。

それは外村が経験してきた、生きてきた証そのもの。

そして彼の根幹である静謐な空気感。

それが音と一緒になって周りを包み込みました。

小説ですから音はありません。でも聞こえてくるような気がするのです。

まるで歌のように。詩のように。綺麗な空気と言葉が音を運んできてくれるのです。

圧倒されました。

そして一気に読み込んでしまいました。

音がこれほど美しい言葉を紡ぎだすとは・・・・。

私は小さい頃ピアノを弾いていました。

音は常に私と共にありました。

けれど私はそれを言葉にすることが出来なかった。イメージとしては頭に浮かぶのだけど、それを文字に表すことが出来なかった。

あの頃の気持ちや鍵盤の重さ、ペダルの音。そういうものを思い出しました。

この作品を映像化すると聞いて、ますます興味が出てきました。

音が言葉になり、またそれが画になる。

一体どんな表現をしてくれるのか、楽しみです。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM