想い出あずかります

  • 2018.07.01 Sunday
  • 19:26

JUGEMテーマ:読書

 

 

子供たちしか知らない秘密。子供のころにしか行けない場所。

大人になると忘れてしまう。それは、岬の崖の下にある石造りの家。

そこには一人の魔法使いが住んでいた。

彼女は、想い出を担保にお金を貸してくれるという「おもいで質屋」を営んでいる。

貸した思い出は二十歳までに取り戻さないと返ってこない。

中学生になって魔法使いと出会った里華は、すっかり彼女と仲良しになり、足しげく通うようになる。

そこには様々な思い出が溢れていて・・・・・。

 

二十歳になると魔法のことも魔法使いのことも、思い出を貸したことも忘れてしまうという世界観に、忘れていた何かを思い出せそうなそんな気持ちがしてきます。

きっと私が子供だったら、やっぱり里華のように通ってしまうだろうなと思う。

子供が思い出を預ける理由は、真剣なものからとってもたわいないものまで様々。

母親に怒られた記憶とか・・・。

一見、いらないように思える思い出だけど、『きっと将来は懐かしく思い出すこともあるよ』って囁きたくなるのは自分が大人になったという証拠かな()

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM