神様の御用人   浅葉なつ

  • 2018.08.08 Wednesday
  • 07:24

JUGEMテーマ:読書

 

 

神様たちの御用を聞いて回る人間―“御用人”。

ある日突然、狐神からその役目を命じられたフリーターの良彦は、古事記やら民話やらに登場する神々に振り回されることになり。。。。

特殊能力もない、不思議な力を放つ道具も持ってない、ごく普通の“人間”が、秘めたる願いを持った神様たちにできること。それは果たして、助っ人なのかパシリなのか。

モフモフの狐神・黄金とともに、良彦の神様クエストが今幕を開ける!(アマゾンより抜粋)

 

神様って、何でも出来るし願いなんて何でも叶えられる・・・というよりそもそも願うことすらない存在なのだと思っていたら、この作品の神様たちは実に人間くさいところがある。

神様なのに、人間にお願いを聞いてもらうところも面白い。

設定がほのぼのしていて、読んでいてとても気持ちが軽くなる物語。

シリーズなので全巻制覇したくなりました。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM