泥棒役者

  • 2018.10.04 Thursday
  • 07:30

JUGEMテーマ:映画の感想

 

大貫はじめはかつて、泥棒家業に手を染めたカギ開けの名人。

だが現在は真面目に働き、理想的な恋人にも巡り合えた。

このまま順調に・・・・と思っていた矢先、昔の泥棒仲間に出会ってしまう。

過去をばらされたくなければと脅され、忍び込んだ豪邸。

そこでなぜか次々と別人に間違われ、自分の正体を隠すためにその勘違いされた役柄を演じるハメに。。。

 

『小野寺の弟・小野寺の姉』でヒットした西田征史監督が2006年に作・演出した舞台「泥棒役者」を、自身が映画用にリライトし監督をした完全オリジナル作品。

見た瞬間、舞台だと分かる作品です。

そして内容はめっちゃ王道です。

ほろりとする人情話があり、バレないようにとのハラハラ感あり、その一生懸命さが可笑しかったり。。。

ただ中だるみもあって、のめり込めるというほどでなかったのが残念。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM