銀の猫   朝井まかて

  • 2019.01.20 Sunday
  • 07:59

JUGEMテーマ:読書

 

 

口入屋の『鳩屋』は、新しい仕事として、年寄りの介護をする「介抱人」を始めた。

年よりの介護は家の家長という決め事があるが、意外と裕福な層からの需要は多い。

普通の奉公よりも給金が良いため、事情のある女たちも控えている。

お咲もその中の一人だが、妾奉公を繰り返し、お金にだらしなく、散財も酷い母親の借金を背負わされながらも、誠心誠意、お年寄りに尽くして人気の介抱人となっていた。

時には人生を投げ出したいと思う日もあるが、懸命に踏みとどまるお咲。

そんな彼女の元に、誰もが楽になれる介抱指南の書を作りたいと、貸本屋の佐分郎太がやってきた。

人生の終盤をどう生き、どのように支えるのか。

長寿となった江戸の町に生きる人々の生活を描く物語。

 

江戸がそれほど長寿だったとは知りませんでした。

今の時代ほどではないにせよ、老いるという問題はどの時代にも付きまとうものですね。

『介護職』のはしりが江戸時代になるのでしょうか。今よりずっと人情的かと思いきや、大して変わらずってところが共感できるところです。

親の面倒は見るけれど、自分は誰にも面倒をかけずに死にたい。ピンピンコロリは今も昔も同じ。

けれど、そこにお咲は疑問を持った。どうしてそう思わなければならないのかを考えた。

老いるということは枯れるということ。

コロリと逝く人ばかりでなく、ゆっくりと静かに体の自由が利かなくなったり、時にはわがままになったり手がかかったりする。

それが老いるということなのだから、介護する方もされる方も、もっと楽になる方法があれば・・・と。

生も死も、自分の思い通りには行かない。

生まれてきたときと死ぬときは、人の手を借りなければならない。

それが当たり前だと思える社会になれば、と、そろそろ人生の折り返しが見えてきた自分は思うのです。

 

あなたが生まれてきたとき、あなたは泣いて、周りの人は笑ってた。

あなたが死ぬときには、周りの人が泣いて、あなたが笑う。

 

誰が言った言葉だったか、とてもすてきだなと思います。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM