後妻業   黒川博行

  • 2019.01.22 Tuesday
  • 07:33

JUGEMテーマ:読書

JUGEMテーマ:映画の感想

 

91歳の耕造は妻に先立たれ、69歳の小夜子を後妻に迎えていた。

ある日耕造が倒れ、小夜子は結婚相談所の柏木と結託して早々に耕造の預金を引き出す。

さらに公正証書遺言を盾に、遺産のほぼすべてを相続すると耕造の娘たちに宣言した―。

高齢の資産家男性を狙う“後妻業”を描き、世間を震撼させた超問題作。(アマゾンより抜粋)

 

詐欺の中の一つだけれど、男の間抜けさが際立ってたなぁと思いました。

それとも、男というものは家族よりも自分が大事なんだろうか。

男には血の繋がりを大切にする意識が欠けてるんだろうか。

そもそも家族という意識はないのだろうか。

結婚は確かに個人と個人の契約です。

妻に先立たれ、子供たちも独立し、寂しいから後添えが欲しいと思う気持ちは理解できますが、それならば子供たちに相談なり報告なりがあってもいいと思うのです。

そしてその時に、財産や介護をどうするかという話し合いもすべきだと思うのです。

子供たちが成人しているなら、生前贈与を済ませておくとか、再婚相手の財産分与を確保したうえで不公平のないようにしておくとか。。。。

何だか、男のスケベ心に付け込まれて財産を巻き上げられた上、殺されるなんて、お金にもエロスにも欲をかいたツケだなとしか思えず、もしこれが自分の父親なら情けなくて縁を切りたくなっても仕方ないなと思います。

いやいや、待てよ。

私なら再婚相手に相続権を放棄させる公正証書を作ってもらっておくかな()

『お金がないなら優しくしない』っていうのはお父さんを本当に愛してることにはならないんじゃない? とか言いくるめて。

――――――――――やっぱり女は怖いなぁ()

ちなみに。

原作と映画では結末がまるで違いました。

私は原作の方が好き。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM