コーヒーが冷めないうちに

  • 2019.07.13 Saturday
  • 07:21

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

時田数と従兄で店主の時田流は不思議な都市伝説を抱える喫茶店を切り盛りしていた。

それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。

ただし、そこには非常に面倒くさい、いくつかのルールがあった。

ルールを破れば幽霊となって永遠にさ迷ってしまう。

恐ろしい罰があるにも関わらず、過去に戻ろうとする人たちがやってくる。

決して変えられない過去。

それでもコーヒーが冷めるまでの短い時間で人生は変えられる。

 

原作が大好きです。

泣けました。

映像化に期待してました。

どんな演出で過去に行くのかなぁ、と。

とても面白い方法でした。

現実的にはそんな都合の良い喫茶店はありません。だから私たちは過去に戻らなくてもいいように、今の時間を大切に、伝えたい気持ちは伝えなきゃと思う作品です。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM