星をつなぐ手 桜風堂ものがたり   村山早紀

  • 2019.11.18 Monday
  • 07:30

JUGEMテーマ:読書

 

 

田舎町の本屋と、ある書店員の身に起こった奇跡を描いた『桜風堂ものがたり』の続編。
地方の小さな書店を任された月原一整。
かれはかつてある百貨店の中にあった銀河堂書店で仲間と共に『四月の魚』をヒット作に導いた経歴を持っているが、今は人気作の配本がない、出版の営業も相手にしてくれない、という困難を抱えている。
そんな彼に手を差し伸べてくれる人たちは多い。それは彼が誠実な仕事をし、周りの人を大切にしてきた証だ。
そしてまた、「星祭り」の日に優しい奇跡が巻き起こる。


ちょっと頼りなく思える月原ですが、誠実さは折り紙付きで、その優しさは人の心をほっこりとさせます。
真摯に向き合う人には、やはり周りが放っておかないのだなと感じられるストーリー。
続編ということを知らなかったのでそのまま読んでしまいましたが、大丈夫、ついていけます。
そして彼が元いた百貨店というのが・・・・・という話が出て来てそのコラボが私的にはとても嬉しい。
そういうの、大好きです。
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM