かんかん橋を渡ったら   あさのあつこ

  • 2020.02.06 Thursday
  • 09:05

JUGEMテーマ:読書

 

四方を中国山地に囲まれた、寂れた温泉町に架かる小さな石橋『かんかん橋』。

食堂『ののや』の一人娘真子は、毎日その橋を渡って学校に通っていた。

真子と父を残して出て行った母。かつて白無垢をまとい嫁入りしてきた写真館の老女。町を去り愛する人とともに帰ってきた踊り子。

誰もが『かんかん橋』を渡る…。

小さな食堂を舞台に、精一杯生きる女たちのたくましさ、しなやかさを鮮やかに描き出した長編。(アマゾンより抜粋)


かんかん橋にささやかな思い出を持つ町の人たちのストーリーは、とてもありふれていて優しい物語です。
その中で成長していく真子や、緩やかに変わっていく環境が丁寧に描かれています。
懐かしいような古いアルバムを見たような、そんな気になりました。
 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM