RSKバラ園に行ってみた

  • 2017.06.06 Tuesday
  • 09:49

 

わたし、バラにハマりました(笑)

といっても前からバラは好きだったんですけどね。

ただ、育てるのは難しいって聞いてたから手を出す気になれなかっただけ。

それなのに最近、バラの苗木をいただく機会が増えちゃって・・・・。

 

どうせ育てるなら自分の好きなバラも一緒に育てよう! と一念発起。

ネットで『初心者でも育てやすく病害虫に強い、強健』『いい香りがする、強香』『鉢植えでも育てられる』っていうので調べまくってたんですが、やっぱり実物見ないとよく分からないってことで、岡山県にある『RSKバラ園』という場所に行ってみることにしました。ニコッ

 

RSKバラ園
岡山県岡山市北区撫川1592-1
[TEL] 086-293-2121 

http://www.rsk-baraen.co.jp/

 

 

平日ということもあってか、人がまばら♪手

 

 

広い園内をゆっくり散策できました(≧▽≦)手

この日は天気が良くて暑かったけど、そこかしこに木陰やベンチ、休憩所があって、とっても過ごしやすい。てれ

素敵な香りに包まれて、何時間でもいたくなっちゃいました♪

 

 

園内には子供が遊べる場所もありましたよ〜。

 

 

ちょっとした公園ですね。

奥に見えるのはドッグランです。

 

 

大型犬と、中・小型犬と分かれてます。

 

 

ベンチや木陰もあって、広さも十分!

ただし、ワンコを連れてバラ園の方へは入れませんし、ドッグカフェもないのでこれだけのために遠方から行くのはちょっと不便かな。しゅん

当然、姫ーズはお留守番です。

今回の目的はバラなもんで(笑)

 

隣接したお店では、お土産と花の苗木が売られてます。

 

 

ぶち猫が気に入ったのは、花の色が二色の『絵日傘』

私は香りが良いという『薫乃』

一本だけのつもりが二本購入となってしまった・・・(笑)

枯らさないように頑張ろう!

 

夏がやってきてる

  • 2017.06.02 Friday
  • 07:51

JUGEMテーマ:シェルティ

 

 

6月ですね〜。

日中、暑いなぁと思う日も増えてきたように思います。

我が家もついに扇風機、始動!

 

 

めっちゃ風あたるとこ行ってんなぁ〜(;^ω^)

 

 

はいはい。

誰もとりませんよ。

 

モヒカン故郷に帰る

  • 2017.05.28 Sunday
  • 07:16

JUGEMテーマ:映画の感想

 

モヒカン頭がトレードマーク。ハードロックなバンドでボーカルをしている永吉は、恋人の由佳を連れて7年ぶりに故郷の戸鼻島に戻ってきた。
一旗揚げるまでは帰らないと決意したのに戻ってきたのは、由佳との結婚と妊娠を報告するためだった。
そんな二人を待ち構えていたのは、矢沢永吉をこよなく愛す頑固おやじ・治と筋金入りのカープ狂の母・春子、そしてたまたま帰省していた弟・浩二の3人。
妊娠の報告には喜んだが、頑固な親父は永吉を許さない。
久しぶりの大喧嘩。だがそれもつかの間、隣近所友人たちを招いての結婚を祝う大宴会へと様変わり。
何も変わらない島の様子にほっとする永吉。だがその夜、治は倒れ、検査の結果がんだと判明する。
突然のことに動揺する家族。
どうすることが一番いいのか自問自答しながら、永吉は離れていた時間を埋めるように父と向き合う。

 

 


ありがちな家族。ありがちな親子喧嘩。
どこの家庭にもあるほのぼのとした情景に、降ってわいた親の余命という不幸。
それでもしなやかに家族は家族として支えあってともに乗り越えようとする。そういうところが見ていて胸がじんと熱くなります。
また嫁となった由佳の存在が大きいのかな。
とっても学力はなさそうだし、たまに天然なのかというところがあるけれど、姑とよい関係を気づけそうな素直さが父親のガンという暗い影を薄めてくれます。
日常がいとおしくなる。そんな作品でした。
 

桜の雨

  • 2017.05.25 Thursday
  • 07:49

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

弱小合唱部の部員である未来(みく)は、合唱部に入るきっかけとなった部長のハル先輩が大好きだが、内気な性格のためにいまだ気持ちを伝えることができずにいる。
ある日、鬼顧問・芽依子先生の退職が決まり、先生への感謝と有終の美を飾るため、合唱コンクールで金賞を目指すことになった。
部員たちの多くは、ハルが作った合唱曲「桜ノ雨」を歌いたいと思っているが、金賞を取るためには芽依子が用意した高度な曲のハードな練習をしなければならない。
みんなの気持ちがそろわないまま練習を重ねたためか、コンクール当日になっても自信を持って歌える仕上がりには程遠い。
ハルたち三年生にとっては最後のコンクール。
みんなが楽しく歌えて、納得できるコンクールにしたい。そんな気持ちを抱えて舞台に臨む未来は大きな決断をする。

 


卒業ソングの定番となった同名ヒット曲を作詞・作曲したhalyosyが、自ら原作・原案を手掛け映画化。
ひた向きな気持ちが伝わる青春の一ページという作品です。
 

ボクは坊さん

  • 2017.05.22 Monday
  • 14:08

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

祖父が亡くなったことをきっかけに、書店員だった白方光円は、四国八十八ヶ所霊場、第57番札所・栄福寺の住職になった。
もともとお坊さんになるべく勉強していたが、実際にその立場になるまで真剣に考えたことがなかった住職としての仕事は想像以上にいろんなことが起こる。
レアな坊さん専用グッズ。檀家さんたちとの関係性。お葬式や結婚式を執り行い、人間の節目に立ち会うこと。
お坊さんとしての道を歩き始めたばかりの白方光円は、その一つ一つに向き合いながら、生きるとは何か、死ぬとは何かを考え続ける。

 


「ほぼ日刊イトイ新聞」で約7年にわたり連載されていた栄福寺の住職・白川密成が実体験を生き生きと綴った人気エッセイ「ボクは坊さん。」の実写化。
実体験が元とあって、坊さんの日常がとてもリアルだし、坊さんになる覚悟がなくて普通の社会人になった白方光円の気持ちが身近に感じられる作品となってます。
笑えるところやほろりと気持ちが緩むところが随所にあり、また生死という深い部分に踏み込んでいるので、見終わった時に心に色んなものを残してくれる作品だと思いました。
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM