僕のワンダフルライフ

  • 2018.09.07 Friday
  • 07:37

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

真夏の炎天下、子犬は車に閉じ込められて苦しんでいた。

諦めかけたその時、8歳のイーサンに助けられ、九死に一生を得る。

ベイリーと名付けられたその子犬は、一生彼と離れないと誓った。

遊ぶ時も寝る時も、つねに一緒だった一人と一匹。

だが犬の寿命は短く、ベイリーは天寿を全うしてこの世から去った。

――――――――――と思ったらまた犬に生まれ変わり、彼は色んな犬生を渡り歩いていく。

そして、何度目かの転生の後、庭に繋がれたまま愛されず捨てられた彼は、直後に懐かしい匂いを感じて・・・・。

 

何度も何度も生まれ変わり、イーサンに再び出会うという感動のストーリー。

犬好きならホロリとくる場面やクスリと笑顔が洩れる場面があります。

 

私は見終わった後、絵本の『百万回生きたねこ』を思い出しました。

色んな猫に生まれ変わり、最後は誰のネコでもなく、ただ一匹の自分として生を全うするという話。

それを考えると、犬ってやっぱり人と一緒に生きなければならない生き物なのかな?という気がします。

そうでなければ生きることすら許されてないような・・・。

 

だからこそ。

人は犬というパートナーを得たら大切なしないといけませんよね。

そして、彼らが何度生まれ変わっても自分との歴史を覚えていてくれてるとしたら、それはもう極上の喜びです。

犬飼いアルアルで、飼い犬を見送ってから再び飼い始めた時、前の子の面影があることに気づいたり、前の子と同じような反応を示すことに驚いたりする話を聞きます。

かくいう我が家の犬たちもそうです。

アニマルコミュニケーターによると、『同じ人に飼ってもらうために生まれ変わった』 という子もいるとか・・・・。

そう考えると、失って悲しいからう飼わないという選択はないなぁと思いました。

 

ドリーム

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 07:45

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

ソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていたアメリカのNASA

ソ連より先に宇宙へ行くことに躍起になっていた政府にせっつかれていたラングレー研究所には、ロケットの打ち上げに欠かせない“計算”を行う優秀な黒人女性たちのグループがあった。

だが時は1961年。

黒人と白人の間には明確な線引きがされており、さらに男性優位の社会において、彼女たちの待遇はあまりにも劣悪だった。

天才的な数学者キャサリンは宇宙特別研究本部のメンバーに配属されるが、そこでは誰も彼女のためにコーヒーを淹れないし、トイレに行くにも黒人専用のトイレは別棟にあって40分もかかってしまう。

キャサリンの友人で管理職への昇進を願うドロシーや、エンジニアを目指すメアリーも、社会と言う壁にキャリアアップを阻まれていた。

それでも仕事と家庭を両立させ夢を追い続けた3人は、国家的な一大プロジェクトに貢献するため自らの手で新たな扉を開いていくのだった。

 

優秀であれば肌の色なんてどうでもいいじゃないかと。

特に、国家的プロジェクトならばそんな小さなことを言ってる場合じゃないだろう。と思うのですが、小さなプライドと積み重ねた歴史がそれを阻むのでしょうか。

それでもそんなものに負けずに、腐らずに、自分の夢を追い続けた彼女たちの姿は、見る人に勇気を与えると思います。

 

やる前からダメだと諦めるな。

周りがダメだと言っても、あきらめるな。

きっと道は開ける。

道を開くための努力をしろ。

 

彼女たちの生き方からそんな言葉が聞こえてくるようです。

大型犬用のトイレ

  • 2018.09.01 Saturday
  • 07:49

最近、未来さんのトイレ事情が困ったことに・・・。(>_<)

彼女、おトイレ我慢しちゃうタイプ。

溜めて溜めて一気に放出!

だもんで、一度のおしっこが長い長い・・・。

しかも歩きながらするもんだから、トイレに収まり切れず周辺にまき散らされる orz

 

トイレシーツに当たる音がキライらしくて、いち早くトイレから逃れようと、まだ途中なのにトイレから出てきちゃう。

 

今まではワイドシーツ一枚分のトイレとレギュラーサイズ一枚分のトイレを二個並べて使用してたけど、それではとても間に合わない。

ってことで、初めて『大型犬用トイレ』というものを購入してみました。

 

さすがに大きい!(^O^)

と思ったけど、中型犬でちょっと胴長シェルティの未来さんにはちょうどいい(笑)(笑)

中でクルクル回って位置決めするので、始まりがちゃんとトイレシーツの中ほどに収まってる。

 

同じ位置で回りながらおしっこするタイプの子なら十分な広さ。

ただ未来さんは、一度した場所には戻りたくないタイプ。

なので大型犬用トイレでもすべては収まり切れません。(+_+)

 

それでも半分以上はトイレで出来るようになったので、掃除の手間がかなり減りました。

 

しかも、メッシュが一体化になっているので、開け閉めがラク。

完全に下の台と固定できるタイプではないので、激しい子だったらシーツを取り出される可能性もありますが、やんちゃ盛りを過ぎたシニアっ子ならその問題もナシ!

 

我が家的にはとてもよいお買い物でした。

 

亜人

  • 2018.08.30 Thursday
  • 07:46

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

亜人と呼ばれる、人と一線を画す人種がいた。

彼らは死なない。死ぬことができない。

手首を切り落としても再生するほどに生命力が強い。

それゆえ、亜人は社会から隔絶される。

国は、亜人たちを施設に収容し、秘密裏に人体実験を繰り返していた。

ある日、ごく普通の生活を送っていた永井圭は、事故をきっかけに自分が亜人であることを知る。

病気の妹を救うために研修医となっていたが、それ以降、国家に追われる人生となってしまった。

そんな圭の前に突如、人類に牙をむく亜人最凶のテロリスト・佐藤が現れる。

何年も人体実験をされ、生き地獄を味わってきた佐藤は、人類を恨み、仲間を募って、亜人だけの特区を作る計画を立てていた。

彼は圭にも仲間に加わるよう要請するが、自分の運命に葛藤する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。

やがて人類と亜人の対決は苛烈を極めていき――――――――――。

 

永遠の命をどう使い、どのように生きるのか。

という重いテーマと、

殺しても死なない人類とは異なる人種に対する対応という課題。

どちらもとても難しい。

亜人が人類に対して友好的で、人類も亜人を人として尊重した態度を貫いていれば、ひょっとしたら素晴らしい未来の発展が望めたかも。。。

でも愚かしいかな、人類は自分たちの都合しか考えなかった。

亜人の立場を考えたら、テロに走りたくなる気持ちも分かります。

死なないからといって、人の感情がないわけではないし、痛みがないわけでもない。

では一体、彼らは何のために生まれたんだろう・・・・。

とても興味深い世界観でした。

木漏れ日を縫う   谷瑞恵

  • 2018.08.27 Monday
  • 20:37

JUGEMテーマ:読書

 

 

母親や、実家を離れて独立した姉たちと疎遠だった紬。

彼女はファッション業界で身を粉にして働き、二十代ですでに一人前になったつもりでいたが、いつも心に満たされない思いや迷いを抱えていた。

そんな折、行方不明になっていた母親の文子が突然、姿を現した。

自らを『山姥になった』といい、もうすぐ本当にこの世のものと交わることがなくなるから挨拶に来たのだという。

姿形は母なれど、どこか違和感を覚えた紬は、疎遠だった姉たちに連絡を取ることにした。

母だと名乗る女性は本当に自分たちの母親なのか。

それぞれに悩みを抱えつつ生活していた三姉妹は、母親がきっかけで再会し、少しずつ距離を縮めていく。

ありきたりの家族であり、幸せがあったことに気づき始めた時、母をある事件が襲い・・・・。

 

どこにでもある親子のすれ違いや勘違い。

それが時を経るごとに頑固になっていき、ついには疎遠になってしまう。

親子だからこそのぶつかり合いがあって、けれどそんな親子だからこそ、きっと心の底に通じあうものがあるのではないかと思います。

本当は仲良くしたい。悩みを打ち明け、理解されたい。そんな気持ちを素直に認めたら、きっと楽になれるのに。

簡単なことが難しい。。。。

三姉妹の母親は、母としての最後の役割を見事に果たしました。

そして年長者としてのひとつのあり方を示してくれました。

自らの最後の形をどうするのか。

それは、今、生きている人の課題。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM