海よりもまだ深く

  • 2017.07.10 Monday
  • 19:35

JUGEMテーマ:映画の感想

 

ギャンブル好きで、15年前に一度とったきりの文学賞を後生大事に抱えて依存し、生活のために探偵事務所に勤めているが、周囲には『取材のため』と虚勢をはる。
妻に愛想を尽かされ離婚するも、息子の養育費さえ満足に払えないありさま。
年金で暮らしている母親のお金をあてにしているダメっぷり。
元妻に恋人ができればストーカーのように嗅ぎまわり、息子にはいい格好をしようと、親の金や事務所のお金でプレゼントをする。
そんな良多は息子との面会日、台風の中、団地暮らしの母親のところへ遊びに行き、翌朝まで帰れない事態になってしまう。
図らずも偶然取り戻した家族の時間。
良多はどうにか元のさやに収まろうと画策するが・・・・。

 


笑えないほどのダメ人間ぶりです。
前半は腹が立って仕方ない。
こんなのが父親なら、こっちから捨ててやると私なら思いますが、小学生の子供なら、やはり許してしまうのでしょうか・・・。
けれど妻の立場からするととても一緒にはやっていけません。

後半になると可愛いところも見えてきますが、それよりも哀れに思えます。
かといって、再婚相手としての彼氏も性格的にどうなのか・・・・。
結局、ダメ男を選ぶ人は、どう転んでもそういう気のある人に惹かれてしまうのかも。
シングルマザーになるのは大変ですが、女性はやはり逞しくないと生きていけないのかもしれないと思った作品です。
 

殿、利息でござる

  • 2017.07.07 Friday
  • 15:25

JUGEMテーマ:映画の感想

 

 

仙台藩の小さな宿場町・吉岡宿は、ろくな作物も育たず、なのに重い税を課せられ、破産と夜逃げが相次いでいた。
このままでは町から人がいなくなり、また残った人も生きていけないと将来を憂いた十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策がないかと相談をもちかける。
宿場で茶畑を広め、それを特産にしようと考えていた篤平治は、軽い気持ちで、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、奇策を思いつく。
計画が明るみに出れば打ち首確実。
そもそも必要な資金は千両で、(現在では3億円) そんな大金を水面下で集めなければならないため、実現はほぼ不可能だと思われていたのだが、十三郎は有志を募り、その作戦を実行しようと奔走する。
己を捨てて、ただ町のため、人のために私財を投げ打ち悲願に挑んだ町人たち
。その結末は――――――――――

 

 

このお話は今から250年前の実話。
自分たちも生きるのが精いっぱいな時に、ほかの人のため、町のために全財産をなげうってまで事を成そうとする。そんな立派な心意気をもった人たちのお陰で、宿場は明治に入っても税の免除があったという・・・。
そんな出来事があったことは驚きでした。

当時の約束事が長い間受け継がれていたということも素晴らしい。

まさに人情!実に日本的です。

 

作品は軽妙な会話や雰囲気を持ちつつ、当時の切羽詰まった状況も入れつつのエンターテイメントです。

自分は実の親から見捨てられたと思って生きてきた十三郎。家督を継いだ弟に劣等感を抱き、いつか弟を越えてやると息巻いた今回の騒動が、実は・・・・という家族の物語も胸にジンときました。

 

フィギュアスケートの羽生くんが殿様役をやったということでも有名になりましたね(笑)
 

頑張ってます。バラ

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 09:22

鉢植えを枯らす名人、黒猫のバラ。笑顔

薫乃の蕾が膨らんで・・・・

 

 

いい感じ〜と思ったら・・・・

 

 

結果。

 

 

蕾は次々と膨らんでるので期待大!

そして・・・・

 

 

お見事!

とっても綺麗な色で大満足〜♪やったvmoe

 

ぶち猫の絵日傘もぽつぽつと咲いてます。

が。ビフォーからアフターまでが早すぎッ(笑)

 

 

色が抜けていくのも早くって、少し残念。kyu

日当たりは結構いい場所だと思うので、肥料とか水とかの関係かな〜。

 

マルガレーテは優秀(≧▽≦)ハート

 

 

少し小ぶりでもこの形は好き〜♪

バラは始めたばかりだから、『これぞバラ!』っていうオーソドックスな花びらの形に惹かれるのよね。

きっとしばらくしたら別の形も好きになるのかもしれないけど(笑)

 

 

まだマシな方かも・・・

  • 2017.06.30 Friday
  • 09:01

JUGEMテーマ:シェルティ

 

 

我が家の一階にある和室は姫ーズ出入り禁止。

でも昨日は雷雨。

未来は平気で寝てるけど、胡桃は落ち着かなげにウロウロ。息も心なしか早い。

和室の入り口でうなだれて佇む姿に、思わず

『入っておいで』

と許可してしまった。

 

胡桃は躊躇しながらもそろりそろりと私の元へ。

抱き上げると、断続的に細かい震えが伝わってくる。

少し安心したのか、ハァハァと荒い息をしだした。

 

大丈夫。大丈夫。

 

言い聞かせながらTタッチ。

子守歌歌ったり、たまに二階に連れて行って気を紛らわせていると、雨音が少し間遠くなった。

 

もういいだろう。

 

と和室から出して、私も布団の中へ。

3時ごろ、ふと目を覚ますと、目の前に胡桃がいる。。。。。。

 

『はあぁぁぁ?え?!

許可した覚えはないんですが?

 

外はまたもや激しい雨。雷も頻繁に鳴ってる。

はあ汗。これは仕方ないかも。

 

またしても抱っこ。アンドTタッチ。

しばらくそのままでいたけど、一向に雨が止む気配なし。

さすがに眠い。眠り

 

も、いっか。

 

と胡桃を抱いたままゴロンと横たわる。

胡桃は体を私に密着させ、ハァハァと大口開けてパンディング。

しばらくして雨音が遠ざかると、自分から和室を出てゲージの中へ。

 

これでのびのび寝られる。と思ったけど、2時間ほどで起床時間。_| ̄|○

目覚ましが鳴り、眠い目をこすりながら起きると、すぐ横に出ていったはずの胡桃が立ってた・・・・・がーん

 

あんたさぁ。

非常時以外は入っちゃダメでしょうが。

 

言い聞かせるが、きっと都合よく忘れるに違いない。

それでもまだ胡桃はマシな方なのかも。

怖がってギャン吠えするでもなく、ただ静かにウロウロオドオドしてるだけだから。

それもこれもきっと、雷にも動じず爆睡してる未来のお陰だろうね〜(*^^*)

 

 

鏡の中の姫ーズ

  • 2017.06.22 Thursday
  • 09:12

JUGEMテーマ:シェルティ

 

 

久しぶりに掘り出し物(笑)

姿見を玄関に置いたときの姫ーズの反応が面白い!

まずは未来さん。(ちなみに、胡桃さんは隔離)

 

 

こちらからも見れます。

 

今までの鏡はまったく問題なかったのにねぇ。

何故か突然、スイッチON!

大きな鏡が初めてだったからかな?

後ろに回って確認する姿が何とも可愛らしい♪

 

続いて胡桃さんを野に放ってみました(笑)

 

 

こちらからも見れます。

 

確か、胡桃さんが4か月くらいの時の動画かな?

『ねぇねぇ、コレ、何? 触れないんだけど?』

って言ってる感じが可愛い♪

 

二人の性格の違いが如実に分かる動画ですね〜(笑)

この世界の初めてに触れてる瞬間の顔とかしぐさって、すごく愛おしくなります。

目がキラキラしてて、ちょっと恐怖もあって、でも隠せない好奇心が満ちてて・・・・・。

世界のすべてに体ごと感受してる。

 

・・・・・うん。すでに私が見失ったものだな(爆)

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM