場所の問題?

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 19:24

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

一重咲きのクチナシが咲き始めました。

とってもいい香り♪

しばらくしたら八重のクチナシも咲くでしょう。

 

 

植えた場所は南東の日当たりが良い場所。

夏は午後から日陰になるという絶好の場所。

 

一方、同じ東でも北寄りに植えたクチナシは・・・。

 

 

黄色い・・・・しかも花付きが悪い。

ここは午前中のみ日が当たる場所。

明るい日陰という感じなんだけど・・・・やっぱり日光が足りないのかなぁ?

肥料は南側と同じ時期に同じだけ与えてるんだけど・・・。

 

諦めて彫り上げるか、それとも景観として残すか思案のしどころ。

一応、常緑樹としての役割は果たしてるけど、花が付かないし八重だから香りもあまりしないしで私にとっては魅力がない。

かといって、クチナシが咲かない場所に他の木を持ってきてもなぁ…。

ハーブ系は元気なのにどーしてだろう?

 

名前のチョイス

  • 2018.05.27 Sunday
  • 09:25

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

これもラベンダーなんだぁ~。

珍しい♪

と思って購入した花。

 

 

みんながよく知る、ポプリにもなるあのラベンダーとは種類が違うそうで・・・。

じゃ何故ラベンダーと名付けたのか・・・・。

謎だ。

 

新しい仲間♪

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 13:55

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

昨日、ぶち猫がお休みだったので、岡山にあるRSKバラ園のバラ祭りに行ってきました。

風に乗って良い香りが〜〜♪

 

でも写真はない。

カメラを忘れたわけでもないし、撮影禁止だったわけでもない。

なぜなら・・・・

 

園内には入ってないからぁぁぁ♪(笑)

そう。ここへはバラを購入しに来たのです(*^^*)

 

そして新しく我が庭の仲間になったのが、黒バラの『パパメイヤン』

 

 

 

香りが最高に良くて、車の中に入った瞬間、洪水のように香りが襲ってくるほど。

ただ、耐病性は弱くて、トゲが強くて花付きはあまりよくないそうで。。。

でも花の色と香りが好きなので、頑張って育ててみますッ!

ぶち猫曰く、

『パパ。5月やん!』だということです。チャンチャン(;^ω^)

 

そしてもう一株は、『芳純(ほうじゅん)』


 

こちらも香りが良いのだけど耐病性は弱い・・・・。

うん。頑張ろうぜ! ワタシ。

 

庭は今花盛り♪

随分と長く咲いてるパンジーは、朝一番の光で中心部分が金色に光り、とても綺麗です。

 

 

ラベンダーも咲いて来ました。

 

 

枝を切ったり花をドライにするととても良い香りがします。

ナデシコも次々と花を咲かせて楽しませてくれます。

 

 

植木も草花も増えてきたから、少し整理しなきゃいけないかも。

やっぱり好きな物に囲まれて過ごすのが一番の贅沢ですよね〜〜(*^^*)

 

  • 2018.04.22 Sunday
  • 08:06

我が家の庭も賑やかになりました。

 

 

モッコウバラとコデマリ。

家が角地にあって、通行の邪魔になりそうだったのと、下に植えてる水仙の花が見えなくなるかもってことで、コデマリはドーム形にカット。

でも花の咲く時期は違ってた(笑)

次からは柳風にちょっと伸ばしてみることにします(*^▽^*)

 

 

いつ植えたか分からないほど放置してるのに毎年咲いてくれるナデシコと、種をばら撒いたら勝手に増殖してくれたカモミール(胡桃さんが時々食べてる (笑))

黄色のバラは学名しか分からない・・・。

 

 

バラたちも蕾を付け始めました。

今年に入ってから貰ったり買ったりして増えたので楽しみ〜。

 

一番下の写真は『薫乃』

すっごく優秀♪ 蕾がたくさん♪

一応、強香ってことだったけど、昨年は花数が少なくてあまり香りはしなかったなぁ。

今年は要期待です(≧▽≦)

 

初! お灸

  • 2018.03.30 Friday
  • 07:35

 

犬友さんが始めたお灸。

何だか体によさそうなのでやってみたくなりました。

でも熱いのは苦手。手間がかかるのもいや。臭いのもあまり好きじゃないし煙が多いのもなぁ・・・・。

で探索した結果。。。。

 

 

これならいい香りに包まれて元気になれそう♪

 

 

台紙を剥がして火を付けて所定の場所に貼るだけ。

うん。手軽♪

 

煙は、火のつけ方によって変わるみたい。

ただ問題は・・・・やめ時分からない!(笑)

 

このタイプは熱さがマイルドだからってのもあるけど、私の脂肪が多すぎなのか、まったく熱さを感じないからいつ剥がしていいのかまったく分からない(;^ω^)

 

今のところ適当な時に止めてるけど・・・・

もう一度サイトで確認しなくっちゃ!

 

犬の連れ去りに注意!

  • 2017.12.24 Sunday
  • 08:52

 

年末年始、愛犬連れて旅行するという人も多いのではないでしょうか。

また、気ぜわしくてつい愛犬のことを疎かに・・・ということもあるかもしれません。

そんな方に衝撃的なニュース。

それは――――――――――

 

『ペットの連れ去りが増えている』

 

とのこと。

 

庭に塀があるお家では、放し飼いや日向ぼっこで外に出すこともあるでしょう。

お散歩中、買い忘れた品物を思い出し、店先に犬を繋いで店内へ・・・・ってこともあるかもしれません。

ドッグランで、飼い主同志の話に夢中になり、ちょっと目を離すこともあるでしょう。

サービスエリアでドアにカギを掛け忘れたままトイレへってこともあるかもしれません。

 

そんなちょっとした油断で愛犬と会えなくなってしまうことが起こるのです。

また、自宅でお留守番させていた時に、盗まれた人もいるそうです。

 

私の犬友さんは、トイプードルの子が空き巣犯にお腹を切られて、大手術することになったとか。

自分では防ぎようのなかった、『巻き込まれ型犯罪』もありますが、愛犬をそんな目に遭わせないためにも、飼い主が気をつけられることって多いと思います。

 

まず。

自宅の防犯はしっかりと確認しておく。

特に年末年始は空き巣が増えます。

自分家の庭だからといって、目の届かない場所での放し飼い、係留は避ける。

店先に繋いで買い物をしない。

ドッグランでも犬から目を離さない。

犬好きな人がいる場所では安心してしまいがちですが、ある所では女子中学生が連れ去ろうとしていたそうです。

出来心ということもありますので、気は抜けません。

 

小型犬の被害が多いそうですが、大型犬でも人懐こい犬は注意が必要です。

まれに、転売目的(繁殖させるために業者に売る)や嫌がらせ目的(嫌いな人の犬を盗んで捨てる)や金品目的(盗んでおいて、見つかりましたと届け出て飼い主から謝礼金をせしめようとする)などの動機で連れ去る人間もいるらしいので、

 

避妊去勢手術をする。

繁殖業者への売り飛ばしを防げます。

マイクロチップを埋める。

連絡先を書いた首輪を捨てられても、自分家の犬だと主張されても、愛犬を取り戻せる確率が上がります。

 

などの対策が必要です。

そして忘れがちなのが、行政に届け出をする。

これ、忘れてしまうと後々やっかいなトラブルに巻き込まれることもありますので、

 

愛護センター。

警察。
市役所。

 

には必ず連絡してください。

信頼できる保護団体にも話をしておくといいかもしれません。

その際、自宅で撮った写真を持って行くことも忘れないでください。

出来れば、飼い主さんと一緒に写ってる写真と、特徴が分かるように正面からだけでなく、横からや後ろからの写真があるとより良いと思います。

 

我が家では、迷子ポスターを作って持ち歩いています。

いつ自分に降りかかるか分からない人災です。みんなで気をつけていきましょう。

 

進行性脊髄軟化症

  • 2017.11.23 Thursday
  • 09:07

先日、ワン友さん宅の4歳のトイ・プードルのしゅん君が亡くなりました。
病名は『進行性脊髄軟化症
発病から1週間。
あまりにも早い別れに、ママさんやしゅん君の飼い主であるお兄ちゃんは茫然とされてます。

一体、どんな病気だったのか。
動物検診センター『キャミック』というサイトから引用します。


椎間板ヘルニアなどで脊髄が強く障害されると、脊髄の融解壊死が起る事があります。
ごく稀に、この融解壊死が進行し止まらないことがあり、この状態を進行性脊髄軟化症といいます。
 最終的に亡くなる可能性の高い病気です。

 

原因

脊髄損傷がきっかけになります。
 主な原因は椎間板ヘルニアで、最重症グレードの8.8%(34頭中3頭)と10%(70頭中7頭)に起きたという報告があります。

 

特徴

犬種は、椎間板ヘルニアの好発犬種であるダックスフント、フレンチブルドック、トイ・プードルなどで見られますが、ビーグル、チベタン・スパニエルなど、他の犬種でも報告されています。

 

症状

後ろ足が全く動かない状態に、”食欲がない”や”元気がない”といった一般状態の悪化が加わる事が多く、激しい痛みを伴う事もあります。
その後、肛門の弛緩や前足の異常、眼の異常、呼吸の異常などがみられ、最終的に数日から1週間程度で亡くなる事が多いです。

進行性軟化症と思われる症状が止まることも稀に見られます。

 

検査

椎間板ヘルニアの検査である、MRI検査や脊髄造影レントゲン検査で進行性脊髄軟化症の傾向や特徴が発表されていますが、画像診断のみで確定診断する事はできません。
MRIは脊髄の状態が確認できるため、脊髄軟化症の検出において重要な検査の一つです。
 最終的には、画像と一般状態、神経学的検査の変化を併せて診断していきます。

 

治療方法の確立されていない難病です。

しゅん君の発病も突然でした。
朝まで元気で散歩してたのに、夕方には後ろ足が動かなくなり、酷い痛みに呻くようになり、たった2・3日でほぼ寝たきり状態。
病院で痛み止めの点滴を付けてもらい、帰宅するしかなく、その後のご家族の気持ちを考えるといたたまれません。

ヘルニアだからと楽観視せず、普段からヘルニアにならないようケアすることが大切だと改めて思いました。
胴体の長い子、ジャンプしたり二足歩行が得意な子は特に要注意です。

 

しゅん君のご冥福をお祈りします。

犬の食事療法 その2

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 09:34

JUGEMテーマ:シェルティ

 

 

昨日の続きで、今日は具体的なお話を・・・。

の前に。

この情報はあくまでもたくさんある食事療法の中の一つですので、ご利用はご自身と愛犬の様子を見て判断してください。

講師は、『犬猫の食事療法 OHANA四国』さんです。

 

 

まず、手作り食で考える量の割合は、
 肉系が
 野菜系が 1〜3
 穀物類が 0〜1

 

基本的に穀物って、健康で痩せてない犬には必要ないそうです。
 太らせたい犬や、体を温めたい時に食べさせてって。
うちの子、お米大好きだからちょっと可哀想 (笑)

 

ちなみに。

良質な油も大切って言われてますけど、それもあまり必要ないそうです。

特に、脂漏性の皮膚炎を患っている子には、二週間ほど絶食ならぬ絶油してもらうのだとか。

だから調理法は煮るのがベスト。

 

肉系が少ないことに驚きますが、実は肉って体の中で分解するときに解毒しなくちゃいけない部分もあるらしいのです。

だから量的には少なく。
 赤身の肉を食べさせるなら魚のほうが良いそうです。

 

肉の中でも鳥のささみや胸肉が体には優しい食材だとか。

うちの子のように鳥アレルギーの場合はジビエになるんだけど、その場合はちゃんと煮ること。

馬肉とかよく生が良いって言われますけど、寄生虫とか菌を考えると、やはり火を通すことが大切だそうです。


ジビエなんて手に入りにくいッ! って困りますよね。

そういう時は、肉系をドッグフードで賄ってもOK!
これは助かる♪

 

野菜は多くてもまったく問題なし。
 排泄物の状態で量の加減はすれば良いとのこと。


 次に、食材の性質で考える割合は、

冬だと 温野菜が 涼野菜が どちらでもないものが2〜3
 夏だと 温野菜が 涼野菜が どちらでもないものが2〜3

 

温とか涼とかっていうのは、体を温める食材冷やす食材かってこと。
つまり、夏だからってきゅうりとかトマトとか体を冷やすものばかり食べるのは良くなくて、どの季節でもバランスが大切ということです。


 次に基本の食材。

ビタミンA・・・にんじん、パプリカ、トマトなど
ビタミンD・・・きのこ類。(天日干しにするか、冷凍すると栄養アップ)
葉酸・・・・・・レタス、白菜、キャベツなど

これに大根、かぼちゃ、ジャガイモ、サツマイモなどを加えたり、ネバネバ食品といわれるオクラ、山芋、里芋、納豆などを加えて全部で9種類あれば栄養的には大丈夫。

旬のものを使ったりして変化のある食事をさせてあげてください。

 

先生は梅干や生姜も使っているそうですよ。

 

も手作り食には必要なもので、使うなら精製されたものではなく、天然のものを。

(ドッグフードにはそもそも塩分が入っているので、それ以上は必要ありません)
甘味料はオリゴ糖がベスト。
葛湯でとろみをつけると、体内に水分がとどまりやすくなるのでオススメだそうです。

春菊やほうれん草を鰹節やにぼしで煮ると、石になりにくくなるというのも素敵な情報♪
これって人にも使えますよね。

 

水分は取り入れること、保持すること、排泄すること。これがセットになって初めて体に良い効果となります。

たくさん水を飲むけどおしっこもたくさんするよっていうのは、ひょっとしたらあまり体に残っていなくて乾燥しているかもしれません。

そういう時にはトロミを付けたご飯で、しっかり体内に水分が留まるようにしてあげてください。

 

水をあまり飲まない子は体に水分が余分にある状態かもしれません。

バランスのよい食事で排泄できるようにしてあげてください。

 

二時間ちょっとのセミナーで盛りだくさんな内容。とてもお勉強になりました。
ってことで。
 久しぶりの手作り食を作ってみた。

 

 

ドッグフードにトッピング。
 本葛でとろみをつけてます。

ドッグフードはお湯でしっかりふやかして、食べる直前に納豆を加えて出来上がり♪

とっても簡単で取っかかりやすいでしょ。
あまり手をかけすぎると続かないし、こういうのは続けることが大切なので、適度に手を抜くとこはちゃんと抜く(笑)
やらないよりやった方がいっか、くらいの気持ちで頑張りまーす。

 

犬の食事療法 その1

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 09:01

JUGEMテーマ:シェルティ

 

先日、食事療法のセミナーに行ってきました。

講師は、犬猫の食事療法 OHANA四国 さん。

中医学から見た、内臓と食の関係性をベースにしたセミナー開催、訪問アドバイスをされています。

 

夏になると胡桃さんはよくアルミ板に乗ったり、扇風機の風がくる場所に移動したり。自分で涼しい場所を探します。

逆に、未来さんは暑い日でも日向で寝そべったり、窓際の日当たりのよい場所で寝てたりします。

息を荒くしながら・・・・。

 

未来さんの方が頭悪いのか?

 

傍から見たらそう見えます。でも。
暑がっていても、実は体は冷えている
ということがあるそうです。

 

人間でもありますよね。

冷房の効いた部屋にいるはずなのに何故か暑く感じて設定温度を下げてしまうとか。

これ、自律神経がきちんと働いていないから。

それと、体内の水分量のバランスが崩れているから。

なんだそうです。

 

ではどうしましょう。

大切なのは、自分で自分の体温を調節できるようにすること

それにはまず、過剰に冷暖房を駆使しないこと。

そして、腸を温めてあげること

 

腸にはさまざまな細菌がすんでいて、体の免疫に重要な役割を担ってますよね。

だから、腸の温度を上げてやることによって、免疫力を高め、自律神経のバランスをとりやすくするんです。

 

犬に効果的なのが、ロンパースや腹巻

背中を温めることが重要らしいです。

先生の犬は一年中、腹巻をしているそうですよ。

 

ただし。

 

カイロなどを貼るのはナシです。

大事なのは、

自分の体温で体を温めるクセをつけなくてはならない

のです。

 

さっそくうちの子たちにもやってみました。

 

 

未来さんはあまり洋服が好きじゃないもんね。
でも頑張って続けてみようよ。特に胃腸が弱いんだからさ。


ちなみに。

体が乾燥している子は動きが激しく、体がむくみがちな子は動きがおっとりしているそうです。

――――――――――・・・めっちゃ当たってるんですけど(苦笑)

どうやら体内の水分量は性格にも影響しているもよう。

 

余談ですが。

夏、熱中症で倒れやすいのは、筋肉の少ないお年より。

何故かというと、筋肉の中にある水分がちゃんと保持されていないので、体が渇きやすくなっているからだそうです。

人も犬も、筋肉をちゃんとつけて体内に水分を取り込むことで健康になれるということですね。

もっとも、余分な水分の排出も大事です。

 

 

いくら素晴らしい食事療法をしても、体がそれを受け入れなければ効果はでません。

ですから。

まず自律神経を整えてあげる。

腸を温めて免疫力をあげてあげる。

そして散歩や運動などで適度な筋肉をつけてあげる。

 

ということで。
 食事の話は次回に続きます。

 

ジブリの鈴木さん

  • 2017.10.19 Thursday
  • 08:01

広島県熊野町の『筆の里工房』で開催されている、『言葉の魔法展』へ行ってきました。
スタジオジブリのプロデューサーで有名な『鈴木敏夫』さんが筆を使って文字を描いた展覧会です。

 

 

文字のひとつひとつが個性的で優しくてとても素敵。

その言葉の意味も深くて暖かくて心にじんわりと染み込む感じがします。

ジブリ作品の名セリフも書かれてました(*^▽^*)♪

 

鈴木さんの文字は、ジブリ作品のタイトルやキャッチコピーに使われているのできっとみなさんも目にしたことがあるはず。
私はもっぱら宣伝部門の方だとばかり思っていましたが、それだけでなく、彼は絵も個性的で可愛いキャラクターを描かれるんですよ〜。驚きました。

才能って一つじゃないんですね。

 

ジブリ作品のタイトルにしても、何通りも書いてみて、何度もやり直して、苦労して描き出したものだということがよく分かる展示になってました。
書き方が少し違うだけで印象がまったく変わってしまうんですね。

作品をよく理解して、何が一番言いたいのか、それを簡潔に、的確に、そしてより伝わる文字で描く。
とてもセンスが問われるものです。
そうして私たちの目に入るようになった作品は、そのタイトルがとても自然で、当たり前で、何の違和感もなく、背景に溶け込んでいるのに心に残る。そんなポスターに仕上がっています。

 

鈴木さんの歩みも興味深いものでしたが、一番衝撃を受けたのは最後にみた『千と千尋の神隠し』に登場する『湯屋』のフィギュアです。

 

 

細部まで精巧にできていて、今にも千が飛び出してきそうなほど。
照明の演出も見事です。

 

夕方、辺りが暗くなるにつれ、少しづつ湯屋に明かりが灯りはじめ、客のざわめきと客引きの声が聞こえてくる。
夜も深くなるにつれ活気溢れる湯屋。
やがて陽の光が空をうっすら染める頃、湯屋の明かりは消され、静かな朝がやってくる。

 

 

繰り返される日常が、観客を『千と千尋の神隠し』の世界へと誘います。
ずーっと見ていたい、そんな空間でした。
最終日にはカオナシと一緒に記念撮影できるそうです。

 

美術館の裏手には鈴木さんが大きな筆で書かれたデザインが貼られてます。

 

 

書くの大変だったろーなぁ。

私のお土産はコレ↓

 

 

ほっこりです♪

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM